気になったYahooニュースまとめ

ヤフーニュースのコメントをまとめたブログです。

2020年04月

 萩生田光一文部科学相は30日の参院予算委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休校している公立学校の再開に関し、5月1日までに文科省として指針を示す考えを明らかにした。「専門家会議の意見も伺いながら、この連休前には一定のガイドラインを示していきたい」と述べた。



 萩生田氏は「学びを保障していくには段階的に必要最小限度の教育活動を開始していくことが重要だ」と強調した。再開の方法については、分散登校を行い、進学を控える最終学年から学習活動を始めることや、学級を複数のグループに分け、登校する時間帯を分けて指導することなどに言及した。

 また、9月入学について、安倍晋三首相は「学校再開に向けての状況を見極めつつ、文科省を中心に前広にさまざまな選択肢を検討していく必要があると思う」と述べた。
続きを読む

安全な道路の渡り方を子どもに教えるのは、親にとって大事な役目の一つ。それは、ヒョウにとっても変わらないようです。



母ヒョウが幼い我が子に道路の渡り方を教えようとする光景が、南アフリカ共和国のクルーガー国立公園から届きました。

お母さんヒョウは、茂みから道路を注意深く観察。周囲の安全をしっかりと確かめた後に、子どもたちを呼び、渡るように促します。

ところが、一匹の子どもが途中で渡れなくなってしまい……。

動画を撮影したティナス・デルポートさんは、国立公園の情報や写真を掲載するプラットフォーム「Latest Sightings」に、これは「とても珍しい光景です」と、興奮気味に説明しています。

「ヒョウのお母さんが、これほど小さい子どもを移動させようとするのは、いつでも見られるものではありません」

「私たちはクルーガー国立公園を50年以上訪れていますが、初めて見ました!」

Latest Sightingsに動画と記事が投稿されたのは4月21日ですが、動画が具体的にいつ撮影されたかは明らかになっていません。

クルーガー国立公園は、現在新型コロナウイルスの影響で閉園になっているため、閉園前に撮影したものと思われます。
続きを読む

 30日放送の日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」(月~金曜・後1時55分)では、新型コロナウイルスの感染拡大について特集した。



 政府が5月6日に期限を迎える緊急事態宣言を1か月延長する方向で調整に入ったことについて、宮根誠司キャスター(57)は「(営業自粛の中)お店の中にはやめるっていう人もいっぱいいます。それが、さらに1か月延びるってなると、じゃ、今から(補償金を)給付します、融資しますって言われても(経営が)もたないですよね」と深刻な表情で話した。
続きを読む

 悪性リンパ腫を公表していたフリーアナウンサーの笠井信輔さんが4月30日、無事に退院したことをブログで報告しました。おめでとうございます!



 2019年12月に“血液のがん”である悪性リンパ腫であることを公表し、入院して抗がん剤治療を受けていた笠井アナ。4月25日には同月中の退院が決まったことを報告しており、今回のエントリでは「おはようございます。特別な朝を迎えました」「ついに今日退院できるのです。家に帰ることができるのです」など退院の日を迎えたことを明かしています。

 笠井アナは、「本当にうれしい」「興奮していたんでしょう 昨晩はあまり眠れませんでした」と喜びを表現。5月中旬に最後の検査が残っているそうで、「その最終チェックで全身のがんが消えていることがわかれば、『寛解』と言えるのかもしれません」と現状を報告しています。

 入院期間は長ければ1年を予定していたそうで、「ここまで、想定する最短期間でこられた事は事実です。病院の先生方、看護師さんには本当に感謝しています」と思いをつづった笠井アナ。「皆さんの声がどれだけ励みになったことか。そしてこの期間中、何よりも家族のありがたみを知りました」と周囲の応援やサポートに感謝しており、「何度もくじけそうになりました しかし、様々な出会い、様々な気づき、うれしかったこと、感動したこと 病気になったことでいろいろなことを体験できました」と4カ月半の入院生活を振り返っていました。本当におつかれさまでした!
続きを読む

 志賀 廣太郎さん(しが・こうたろう=俳優)20日午後8時20分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため川崎市の病院で死去、71歳。



 神戸市出身。葬儀は近親者で行った。喪主は弟健二郎(けんじろう)さん。

 所属事務所によると、昨年4月に脳梗塞で倒れ、リハビリに励んでいた。出演作品にテレビドラマ「三匹のおっさん」、NHK連続テレビ小説「マッサン」など。 
続きを読む

 全国的な知名度を誇る青森県鰺ヶ沢町の秋田犬「わさお」の後ろ脚が弱り、4月に入って立ち上がれない状態が続いている。高齢による衰えが原因とみられ、関係者は「来店や問い合わせを避け、見守ってほしい」と話している。

 広報担当・工藤健さん(52)によると、わさおはこの2年ほど散歩の距離が短くなり、ゆっくり歩くようになっていた。今月に入り、後ろ脚に力が入らず、立ち上がれなくなったという。

 これまで、わさおは春先~秋口は店外の小屋にいたが、現在は店員が目配りできる店の中で過ごしている。

 わさおは推定13歳で、人間では90歳前後に相当する。食べるえさの量は以前と変わらないという。

 飼い主の菊谷忠光さん(55)は「わさおの面倒はこれからもしっかり見ていく。心配かもしれないが、温かく見守ってほしい」と話している。
続きを読む

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)は30日、5月30日(土)以降6月7日(日)までに予定されていた明治安田生命Jリーグの試合延期を発表した。



新型コロナウイルスへの感染予防および拡散防止のため、J1、J2に関しては第1節終了時点、J3に関しては開幕前に試合の延期措置が取られているJリーグ。これまでは5月30日までの試合が延期となっていたが、今回の発表で6月7日までの試合が延期されることが正式に決まった。

なお、6月13日以降に予定されている試合の開催についても、現在は未定。今後の感染拡大状況等を鑑みて判断し、決定次第改めて伝えるとした。また、延期が決定した試合の代替開催日およびチケットの取り扱いについても決定次第の報告となる。

今回新たに延期の対象となった試合は以下の通り。
続きを読む

 歌手の工藤静香(50)が29日、自身のInstagramを更新。医療従事者に向け歌でエールを送り、反響を呼んでいる。



 工藤は「医療従事者の皆様、コロナ問題に協力をして下さっている全ての皆様。今日もありがとうございます」と綴り、「今日は私の医療従事者の友人が好きな歌を歌います。一緒に歌いましょう」と2012年発売の楽曲『キミがくれたもの』を披露した。

 この投稿にファンからは「静香さんの歌声に癒され、救われます」「すごくパワーもらえるしほんと絵になります」「いつもたくさんの幸せをありがとう」など、称賛の声が寄せられた。
(ABEMA/『ABEMA NEWS』より)
続きを読む

↑このページのトップヘ