気になったYahooニュースまとめ

ヤフーニュースのコメントをまとめたブログです。

2020年05月

 5月31日の東京11Rで行われた第87回日本ダービー(3歳オープン、牡・牝、GI、芝2400メートル、定量、18頭立て、1着賞金=2億円)は、福永祐一騎手騎乗の1番人気コントレイル(牡、栗東・矢作芳人厩舎)が皐月賞に続き無敗2冠制覇。東京競馬場で開催される5週連続GIの第4戦“競馬の祭典”を制し、2017年に生まれたサラブレッドたち7262頭の頂点に立った。タイムは2分24秒1(良)。

 2着はサリオス(2番人気)、3着にはヴェルトライゼンデ(10番人気)が入った。

 コントレイルは、2歳時に3連勝でホープフルSを制し、JRA賞最優秀2歳牡馬を受賞。3歳になった今年はトライアルなどに出走せず皐月賞へ直行し、無敗の皐月賞馬となった。無敗で皐月賞&ダービーの2冠制覇は、2005年のディープインパクト以来15年ぶり7頭目の偉業で歴史に名を刻んだ。

 コントレイルを所有する馬主・前田晋二氏は2013年キズナ、同馬に騎乗した福永祐一騎手は2018年ワグネリアン、同馬を管理する矢作芳人調教師は2012年ディープブリランテ以来のダービー2勝目。

 また、コントレイルの父であるディープインパクト産駒は、歴代最多タイのダービー6勝目で、2018年ワグネリアン、2019年ロジャーバローズと3年連続制覇となった。

 日本ダービーを勝ったコントレイルは、父ディープインパクト、母ロードクロサイト、母の父Unbridled’s Songという血統。北海道新冠町・(株)ノースヒルズの生産馬で、馬主は前田晋二氏。通算成績は5戦5勝。重賞は昨年の東スポ杯2歳S(GIII)、ホープフルS(GI)、今年の皐月賞(GI)に次いで4勝目。日本ダービーは、矢作芳人調教師は12年ディープブリランテ、福永祐一騎手は18年ワグネリアンに次いで2勝目。
続きを読む

 2004年に佐世保市立大久保小で起きた小6女児同級生殺害事件は6月1日で発生から16年。当時加害者は11歳、被害者が12歳の女の子だった。同級生の中には結婚して親になり、子育てと向き合っている人もいる。今、事件について何を思うのか。元同級生の女性(27)が初めて取材に応じ、心境を明かした。

  ■離れない残像

 「忘れてはいけない記憶ですし、忘れようとも思っていません。ただ、事件の記憶にとどまり続けず、前を向いて子どもと向き合っていきたいんです」
 女性は静かに語り始めた。電話口の向こうで幼い子どもが元気にはしゃぐ声が聞こえる。あれから16年。結婚して母親になり、子育てに日々追われる今でも、事件の残像は女性の胸から離れない。
 仲の良いクラスだった。被害者も加害者も「普通の友達」。事件後、チャット上でのトラブルが犯行の動機だとニュースで知って驚いた。当事者でありながら当事者ではない-そんな戸惑いと悔しさが入り交じった感覚だった。「(加害者と)もっと会話をしていたら気付けることがあったのではないか。事件を防げたのではないか…」
 あの日も、給食の時間までは普段と変わらない日常だった。それが突然、断ち切られた。「6年生?」。学校周辺に張り込んでいた記者たちから連日声を掛けられた。女性は、逃げるように近くの友人の家に駆け込んだ。事実と異なるニュースが出たこともあり、傷つき怒りを覚えた。

  ■両親が支えに

 事件の日に給食で出た塩もみキュウリをしばらく口にできなかった。
 何度も悪夢にうなされた。あの日の給食前の教室。自分だけが結末を知っているのに、他のみんなは何も知らない。被害者と加害者を2人きりにしないようにと、必死にもがく自分-。「いつもそこで目が覚めるんです」。夢は中学に上がるまで続いた。
 落ち込んだり、怒ったり悲しんだりして、不安定だった女性に対し、両親は努めて普段通りに接した。それが日常を取り戻す支えになった。女性は少しずつ、前向きな感情を持てるように。やがて「事件を乗り越えることができた」と思えるようになった。
 今、懸命にわが子と向き合う日々が続く。字が読めるようになった。数字が書けるようになった。お友達に優しく接することができた…。子どもの成長が女性に元気と幸せをくれる。
 つい怒り過ぎてしまうこともある。それでも「好きだよ」「あなたがいてうれしいよ」と愛情をきちんと言葉で伝えるようにしている。「誰にでも思いやりを持って接することができる人になってほしい」。心からそう願う。
 時々ふと考える。「彼女(加害者)の家庭環境はどうだったのか」「どうしてあんな事件を起こしてしまったのだろう」。いつか会って、「真実」を尋ねてみたいと思っている。
続きを読む

 タレントの渡辺美奈代(50)が31日、自身のインスタグラムを更新し、ピカピカに掃除をした部屋を公開した。

 渡辺は「お掃除終了!」と見事に整理整頓され、白い家具やインテリアで統一されたリビングの写真を添えた。一仕事を終え「#さっのんびりしよーっと」とハッシュタグを付けた。

 フォロワーからは「夢の世界」「素敵なお部屋」「こんなお部屋に住んでみた~い」「おしゃれなリビング羨ましいです」「美奈代さん、完璧だなぁ」「お姫様のお部屋ですね!」などのコメントが添えられている。
続きを読む

 外出自粛の大型連休で、部屋の片付けに励む人も多かったようです。筆者(杉山淳一:鉄道ライター)もそのひとり。2年前の引っ越し荷物の段ボール箱をすべて開けると、古い写真が見つかりました。国鉄日中線です。1983(昭和58)年4月2日、筆者が高校に入学する直前の春休み。初めて親に許された、泊まりがけのひとり旅で撮影したものでした。



 日中線は福島県の喜多方駅と熱塩駅を結ぶ、総距離11.6kmの鉄道路線でした。蒸気機関車が最後まで運行されていた路線のひとつとして、筆者より少し上の世代の鉄道ファンから注目されていたようです。しかし乗客は少なく、1日に3往復しか走りませんでした。早朝に1往復、夕刻に2往復。おもな乗客は通学生だったといい、彼らの登下校の時間帯しか走りません。そのため「日中は走らない日中線」と呼ばれていました。日中線の路線名は、熱塩駅付近の日中温泉にちなんでいました。廃止されなければ「日中温泉駅」に改名されたかもしれません。

 日中線の旅客輸送密度は260人/日、つまり、1kmあたりの1日平均輸送人数は260人でした。大赤字の日中線は、1980(昭和55)年の国鉄再建法で特定地方交通線に分類され、そのなかでも第一次廃止対象路線、つまり「まっさきに廃止またはバス転換を検討する対象」となってしまいました。廃止日は1984(昭和59)年4月1日、最終運行はその前日の3月31日でした。筆者の訪問は廃止の1年前だったわけです。
続きを読む

かっぱ寿司は6月3日から、寿司の持ち帰りセットをリニューアルし、様々な食事のシーンに合わせた、人気上位のネタを取り揃えた4種のセットを展開する。

今回のセットには「特盛いくら」「特盛まぐろたたき」「ほたて(とびこのせ)」といったセットメニューでしか食べられないネタを盛り込んでいる。手頃な普段使いのセットからちょっと豪華なセットまで取り揃え、1人前から6人前までシーンに合わせて利用できる。かっぱ寿司の「お持ち帰りWEB予約サイト」や「かっぱ寿司公式アプリ」などから注文できる。

「極みセット」は、大切な日を彩る、ちょっと高級なネタを盛り込んでいる。セット内容は、大とろ、中とろ、活〆はまち、赤えび、まぐろ、活〆真鯛、ほたて(とびこのせ)、サーモン、特盛いくら、真いか、活〆大ぶりえび。価格は下記の通り(以下、全て税別)。

・1人前 1,160円
・2人前 2,320円
・3人前 3,480円
・4人前 4,640円
・5人前 5,800円
・6人前 6,960円

「華やかセット」は、ちょっと贅沢なネタをセットにしており、来客のおもてなしに食卓を華やかに彩るという。セット内容は、中とろ、活〆はまち、赤えび、まぐろ、活〆真鯛、ほたて、サーモン、とろサーモン、えんがわ、特盛いくら、特盛まぐろたたき、厚焼き玉子。価格は下記の通り。

・1人前 930円
・2人前 1,860円
・3人前 2,790円
・4人前 3,720円
・5人前 4,650円
・6人前 5,580円

「賑わいセット」は、 賑やかな誕生日会やパーティーに最適な一押しのセットだという。セット内容は、中とろ、まぐろ、真いか、とろサーモン、ほたて、えび、甘海老、煮穴子、えんがわ、いくら、特盛まぐろたたき、厚焼き玉子。価格は下記の通り。

・1人前 790円
・2人前 1,580円
・3人前 2,370円
・4人前 3,160円
・5人前 3,950円
・6人前 4,740円

「まんぞくセット」は、値段も手頃で老若男女問わず満足できるネタをセットにしている。セット内容は、まぐろ、びん長まぐろ、えび、甘海老、真いか、サーモン、とろサーモン、玉子、いくら、特盛まぐろたたき、サラダ軍艦、コーン。価格は下記の通り。

・1人前 620円
・2人前 1,240円
・3人前 1,860円
・4人前 2,480円
・5人前 3,100円
・6人前 3,720円

また、6月3日から6月30日までの期間中、これらの持ち帰りセットなどを対象に、上記金額から20%OFFになるキャンペーンを実施している。割引対象となるのは、かっぱ寿司の「お持ち帰りWEB予約サイト」、もしくは「かっぱ寿司公式アプリ」から注文したセットメニュー。

なお、かっぱ寿司は5月27日から、「緊急事態宣言」の解除および各都道府県の休業要請緩和に基づいて店舗の閉店時刻を変更している。一部店舗を除き、原則として全店午後10時閉店とし、ラストオーダーは午後9時40分、テイクアウト最終受け渡し時刻は午後10時としている。
続きを読む

 タレントの神田うの(45)が31日までに自身のインスタグラムを更新。豚の味噌焼きや茄子の揚げ浸しなどの手作り「お家ディナー」を公開した。

 神田は30日夜にインスタを更新し「私は和食も洋食も両方好きです」と煮物やお浸しといった和食の写真をアップした。

 気になるレシピについて「煮物はやはり私はお砂糖(白いお砂糖)は使わずメープルシロップを使います。ただ入れ過ぎ注意です!(甘々になってしまいますので)オリゴ糖を使ったりしますよ。メープルシロップはヨーグルトにかけたりするだけでなく和食でも色々なお料理で大活躍ですよ 私の中ではお勧めです」と丁寧に説明。

 また「副菜は途中から枝分かれして(笑)2種類作ったりもしています。ストーリーアップしています」とストーリーズに複数の動画を投稿。

 そして「まるでお洋服で言うアンサンブルですね 同じ素材でセットで着るアンサンブル。でも個別でカーディガンとしてだけとか、インナーだけとして着たりも出来るみたいな(笑)」と例え、「ただこれは私の感覚なので私がインスタやYouTubeでお見せしている事にきっと突っ込みどころ満載だと思うのですが(笑)人それぞれですのでね~(笑)」とつづった。

 調理法について「決まりはありませんからね」とした上で「ただ安心安全に美味しく出来ればいいだけの事ですから(笑)どうぞ皆様もお好きなように楽しまれてみて下さいませ」と呼び掛けていた。

 連日の手料理公開にフォロワーからは「メープルシロップの香りはお料理の邪魔になりませんか?和食に…という発想が無かったので新鮮です!!」「私も煮物にトライしてみたいです」「うのちゃん、お料理上手だから、うのレストラン開けばいいのに」「すごく美味しいそうです」「今日も愛情たっぷり料亭飯ですね」などのコメントが集められている。
続きを読む

 ◇黒川氏個人の資質問題へ「すり替え」ならず

 時の政権による検察人事への政治介入が問題なのに、東京高等検察庁の黒川弘務検事長が賭けマージャンで辞職したことにより、焦点が黒川氏個人の資質問題にすり替えられてしまったのではないか。世論の認識はどのあたりにあるのかを探ろう。そう思って臨んだのが、社会調査研究センターと毎日新聞が5月23日に実施した全国世論調査だった。

 結果として、焦点はすり替わってはいなかった。

 安倍内閣の支持率は27%と、前回調査(5月6日)の40%から急落した。不支持率が前回の45%から64%に跳ね上がったのにも驚いた。

 資質に欠ける人物が東京高検検事長をしていたというだけではここまで内閣支持率は下がらないだろう。多くの人が安倍内閣、特に安倍晋三首相の責任は重いと考えたことが内閣支持率を直撃した。

 通常の世論調査は内閣支持率の質問を必ず最初に置く。政策課題などの質問を先に置くと、調査で取り上げたテーマの印象によって支持・不支持の回答が影響を受ける可能性があるからだ。

 今回の調査では2問目で、黒川検事長の辞職をどう思うかを尋ねた。「当然だ」は33%にとどまり、「懲戒免職にすべきだ」が過半数の52%に達した。この結果だけでは、批判が黒川氏個人に向けられているのか、政権に向けられているのかが判然としない。

 そこで3問目。「安倍内閣は黒川検事長の定年を今年の2月から延長していました。あなたは、安倍内閣の責任について、どう思いますか」と尋ねた。

 検察を所管するのは森雅子法相だ。しかし、「法相に責任がある」との回答はわずか3%。「首相と法相の両方に責任がある」が半数近い47%を占め、「首相に責任がある」の28%と合わせると、75%が首相の責任を重く見ている。

 黒川検事長の定年延長に対しては、首相官邸に近いとされる黒川氏を検事総長に就ける狙いがあるのではないかとの疑念が持たれていた。検察庁法では検事長の定年は63歳と定められていて、検察庁法が戦後に制定されて以降、ずっと厳格に運用されてきた。突然、法解釈を変更したと言って異例の定年延長に踏み切ったのが安倍内閣だ。

 ただし、質問でそういった経緯に触れれば、定年延長手続きの問題を意識していなかった人の回答を誘導することになる。黒川氏の定年を延長した安倍内閣の責任という聞き方であれば、それが資質に欠ける人物を重用した責任なのか、脱法的に検察人事に介入した責任なのかは回答者の認識に委ねられる。

 調査結果から言えるのは、少なくとも黒川氏の定年延長を主導したのは首相であり、法務省がそれに従ったと多くの人が見ているということだ。時には政治家の犯罪も捜査する検察組織のトップに、政権に都合の良い人物をゴリ押ししようとしていたのだとすれば、その狙いは何なのか。最長政権の終わりを見据えた「保身」のにおいをかぎ取った人も少なくないのかもしれない。

 ◇検察庁法改正案批判も支持率に影響

 この問題では前回の調査後、「#検察庁法改正案に抗議します」のハッシュタグをつけたツイートが拡散し、著名人や芸能人からも政権批判が相次いで社会現象化した。

 検察庁法改正案は、国家公務員の定年を65歳に引き上げる国家公務員法改正関連法案の一部として国会に提出された。だが、検察官の定年引き上げに加え、内閣や法相の判断で検察幹部の定年を延長できる規定が盛り込まれていた。

 法務省が昨年秋にまとめた改正案にこの規定はなかったことから、黒川検事長の定年延長を後付けで正当化し、将来的にも検察幹部人事への政治介入に道をひらくものだとして批判の声が上がった。

 だが、一見すると、少子高齢化時代の働き方改革として定年を引き上げる法案だ。国会で野党が求めていたのは検察幹部の定年延長規定の削除であって、法案自体に反対していたわけではない。こうした論点がどこまで一般に認識されているかも調査する必要があると私たちは考えた。

 調査では「国家公務員の定年を65歳まで引き上げる法案について、政府・与党は今国会での成立を見送りました。あなたは、どう思いますか」とざっくり質問したうえで、選択肢を工夫した。

 選択肢の一つ目は「政府が国会に提出した法案のまま成立させるべきだ」で、これを選んだのは12%だった。

 二つ目は「検察幹部の定年延長規定を削除して成立させるべきだ」で回答は36%。黒川検事長の定年延長に絡む問題意識を持っている人はこれを選ぶだろうという想定だ。

 三つ目は「国家公務員の定年引き上げに反対」で38%。この回答者には、そもそも政治家や公務員に反感を抱いている層が含まれるだろう。

 選択肢の文言をかなり複雑にしたので、四つ目の「わからない」を選ぶ人が多くなるかとも思ったが、13%だった。

 この結果の分析を複雑にしているのは、安倍首相が国家公務員の定年引き上げ自体を見直す考えを示したことだ。政府・与党として採決を強行する構えまで見せていたのに、黒川検事長の辞職が決まった途端の豹変(ひょうへん)には驚くほかない。論点を検察幹部の定年延長規定から公務員全体の定年引き上げにそらす狙いがあるのではないかとも感じる。

 2番目と3番目の回答が拮抗(きっこう)したことの評価は難しい。はっきりしているのは、どちらの回答者も大半が政権に批判的なことだ。「定年延長規定を削除」と回答した人の内閣支持率は18%、不支持率は77%。「定年引き上げに反対」は支持率16%、不支持率73%だった。

 ちなみに、黒川検事長の定年を延長した責任が首相にあると答えた層の内閣支持率は10%、首相と法相の両方にあると答えた層では14%だった。

 ◇「国民より保身」への不信感

 今回の調査の大きなテーマはもちろん、新型コロナウイルス対策だ。緊急事態宣言の解除について「妥当だ」が53%を占める一方、「解除を急ぎすぎだ」との回答も31%あったことをどう考えるか。

 緊急事態宣言が解除された地域で「経済活動の再開を優先すべきだ」は23%にとどまった。「感染対策を優先すべきだ」が42%、「どちらとも言えない」が33%だったことを考えても、感染への不安がなお根強いようだ。

 新型コロナ問題で安倍政権への対応を「評価しない」は59%と過半数を占め、「評価する」は20%だった。評価しない層の内閣支持率はわずか5%、不支持率は90%に及ぶ。逆に評価する層の支持率は84%、不支持率は10%だ。

 気になるのは「評価しない」が前回調査の48%から11ポイント増えた要因だ。人々がコロナ感染の不安におびえ、生活や仕事の苦境にあえいでいたこの間、安倍政権は黒川検事長の定年延長にこだわり、第2次補正予算案の編成より検察庁法改正案の成立を急いでいたように映る。

 それが「国民より保身」と受け取られ、コロナ対応の政権評価を悪化させ、内閣支持率の急落につながったのではないか。コロナ対応と検察人事問題の相乗作用で政権への不信感が一気に高まったと言えそうだ。

 ◇新方式の調査3回、データは安定

 内閣支持率が3割を割り込むことは調査前には想定していなかった。冒頭に書いたように、検察人事問題の焦点が黒川氏個人の資質問題にすり替えられたのではないかとも考えていたので、大きく下がっても30%台前半だろうという相場観だった。

 新しい方式の調査は3回目だったので、予期しないデータの偏りが生じた恐れも考えたが、回答者の年代や居住地域、職業などの構成に変化は見られなかった。

 自由記述の回答が可能な携帯調査では前回に続き「コロナ対応で最も評価している政治家」を挙げてもらい、上位5人は全く同じ。トップの吉村洋文大阪府知事を挙げた人の割合も33%で変わらなかった。

 つまり、同じ方式で無作為抽出した調査において、明らかに内閣支持率が急落し、コロナ問題の政権対応評価が悪化した。そう結論づけるほかない。

 ただし、新方式の特徴は検証を続けなければならない。コンピューターで無作為に組み合わせた数字に電話をかけるRDS方式を用いる点は従来の電話調査と変わらない。新方式は家庭の固定電話と個人の携帯電話に自動音声応答(オートコール)機能で電話をかける。固定の場合は自動音声の質問に答えてもらう。携帯の場合は、調査を承諾した人にショートメールで回答画面へのリンク情報を送る。固定調査では選択肢から回答を番号で選んでもらうが、携帯調査では回答画面で自由に文章を入力してもらう設問も可能だ。

 知らない相手先からかかってきた電話に出て調査に応じる人、つまり「答えたい人」の声を集めて世論調査と言えるのかという批判があることは理解している。ただ、その問題点は従来の電話調査にも共通する。調査員が対象者を電話で説得する従来方式の方が「答えたがらない人」の声も集められるとの見方もあるが、自動音声の方が特殊詐欺の危険が少なく、回答しやすい側面もある。一概にオートコールの方が回答が偏るとは言えない。

 携帯調査の場合、オートコールで調査を承諾し、送られてきたショートメールのリンクから回答画面にアクセスするという2段階の手間を要する。迷惑メールが氾濫する現状で回答画面までたどり着いてもらうハードルは低くはない。一方、音声通話よりSNSのやり取りに慣れた30代以下にはそうでもないかもしれない。

 ◇ショートメール調査に「先取り」傾向?

 埼玉大学と調査会社「グリーン・シップ」が2年前から重ねてきたショートメール調査の実験では、報道各社の調査より内閣支持率の増減を先取りする傾向が見られた。見方を変えれば、ショートメール調査に積極的に応じる層は政治や社会問題に対する関心が高く、日本社会の政治意識の変化に敏感な人が多いのかもしれない。

 そもそも従来方式の電話調査においても、調査に応じる層は選挙で投票に行く層と重なるのではないかという仮説が調査の正当性を支えてきた面もある。

 今回の調査結果を調査方法別に見ても、内閣支持率は携帯27%・固定26%、不支持率も携帯66%・固定61%と傾向は変わらない。違いが目立つのは政党支持率くらいで、以下に上位5党の支持率を紹介する(カッコ内は前回調査)。

 ▽自民党 <全体>25%(30%)<携帯>24%(30%)<固定>25%(31%)

 ▽立憲民主党 <全体>12%(9%)<携帯>8%(4%)<固定>15%(13%)

 ▽日本維新の会 <全体>11%(11%)<携帯>13%(12%)<固定>9%(9%)

 ▽共産党 <全体>7%(5%)<携帯>4%(3%)<固定>9%(7%)

 ▽公明党 <全体>4%(5%)<携帯>3%(3%)<固定>4%(6%)

 ▽支持政党なし<全体>36%(33%)<携帯>43%(39%)<固定>30%(28%)

 自民党は携帯・固定で変わらないのに対し、立憲民主党は固定で高く、日本維新の会は携帯で高い。立憲民主の支持層は60代以上の高齢層が多く、維新支持層では40、50代が多いことが反映されている。支持政党なしの無党派層は40~60代が6割以上を占める中で携帯の数値が大きくなっている。

 この結果は、携帯と固定の回答を合わせた全体として年代バランスの取れたデータが得られていることを意味する。前回調査と傾向が変わらないことも調査の安定性を裏付けており、その中で自民党支持率の低落傾向が示された。

 回答者の男女比では携帯で男性が、固定で女性が多くなる傾向がある。これまでの調査で性別や年代の構成を国勢調査に合わせる形で数値を補正する検証も行っているが、結果はほとんど変わらなかったことから、社会調査研究センターとしてはあえて補正は加えず、単純に合算して集計したデータを発表している。今後もさまざまな検証を重ねながら、同じ方式で調査を続けていくことが重要だと考えている。【世論調査室長・平田崇浩】
続きを読む

 東京都は31日、新型コロナウイルスの感染者が新たに5人報告されたと明らかにした。5月25日の緊急事態宣言解除後に再び微増の傾向を示していたが、6日ぶりに1桁の水準。累計は5236人となった。1人の死亡も判明し、累計は305人。

 都が休業要請の緩和を進める基準の3項目のうち、新規感染者数に占める感染経路不明者の割合と、週単位の患者増加比は目安を上回った。都の担当者は新規感染者数が指標を下回っていることなどから、予定通り6月1日から緩和の第2段階に移行するとした上で「引き続き不要不急の外出は控えてほしい」とした。
続きを読む

↑このページのトップヘ