気になったYahooニュースまとめ

ヤフーニュースのコメントをまとめたブログです。

2021年03月

試合終了後、スタンドへあいさつに向かう明豊の選手たち=阪神甲子園球場、西岡臣撮影 阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)で開かれている第93回選抜高校野球大会第10日の31日、明豊(大分)が準決勝で中京大中京(愛知)を破り、決勝に進出した。新チーム発足直後、監督から「最弱」と評された選手たちだが、「当たり前のことを当たり前にやる」を徹底。同校史上最高の大舞台にたどりついた。
 いまの3年生たちは明豊入学を控えた2019年春、選抜大会を甲子園で観戦した。先輩たちの4強入りを目の当たりにし、「強いチームに入るんだ」とわくわくした。京本真投手(3年)は「打線がすごい。自分がゼロで抑えられれば、絶対日本一になれる」と闘志が湧いた。
 だが、現チームになると川崎絢平監督から厳しい言葉をかけられた。「ここ5年で最も弱い」。先輩たちと比べれば攻守とも小粒で、「悔しかったけど、その通りだった」と幸(ゆき)修也主将(3年)。基本練習を地道に重ね、打力と守備力の底上げを図った。
 抜きんでた選手がいない分、全員が切磋琢磨(せっさたくま)した。昨秋の県予選と九州大会計8試合で62打点。しかし、九州大会では大崎(長崎)の好投手を打ち崩せず、「全国レベルの投手だと、まだまだ打てない」と痛感させられた。
 練習終了前の最もきついタイミングで500本のティーバッティングを重ね、1球にかける集中力を研ぎ澄まして春を迎えた。守備も磨きあげ、今大会はここまで4試合を無失策だ。県予選、九州大会を通しても計1失策にとどまる。
 川崎監督が「このチームは強くなる」と確信したのは昨秋の文化祭だった。3年生全員で人気グループ「NiziU」などのダンス数曲を「完全コピー」で披露し、最高賞の「明豊大賞」を獲得した。
 学校行事にも全力であたるよう指導していた監督は、「完成度の高さに感動した。この団結力があれば、やっていける」と感じ、選手たちにもそう伝えた。ダンスでも活躍した寮長の米田友(ゆう)選手(3年)は「その言葉がうれしかった」。
 仲間が「一番成長した」と評する米田選手は1回戦、初めての4番で3安打3打点と活躍。2回戦では自身公式戦初となる先制本塁打を放った。「当たり前のことを当たり前にできるチームが強い、という監督の言葉を信じてやってきた。普通のことをやるときの、その普通のレベルが、いつのまにか上がっていた」
 川崎監督は「駄目と言われても『甲子園で日本一』という目標がブレなかった」と、選手たちの心の強さをたたえる。「(『最も弱い』と言われた)あの言葉がなかったら甲子園に来られなかった」と幸主将。「でも満足はしない。ここまで来たら、絶対に日本一になります」(寿柳聡)朝日新聞社
続きを読む

大阪府新型コロナウイルス対策本部会議を終え、記者の質問に答える吉村洋文知事=大阪市中央区で2021年3月31日午後5時2分、大西達也撮影 大阪府は31日、新型コロナウイルスの感染急拡大を受け、飲食店などに営業時間の短縮などを命令できる「まん延防止等重点措置」を適用するよう政府に要請した。政府は4月1日に基本的対処方針分科会(基本的対処方針等諮問委員会から改称)を開き、専門家の意見も踏まえて政府対策本部で正式に決定する。適用されれば全国初。
【図解でおさらい】緊急性の高い13の症状
 政府は大阪に加え、感染が再拡大する宮城、山形、兵庫、沖縄各県などにもまん延防止措置を適用する検討に入った。既に各県に打診しており、各県の意向も踏まえて判断する方針だ。首相周辺によると、兵庫は適用される可能性が高いという。
 大阪府はまん延防止措置の対象区域を大阪市内とし、期間は遅くとも4月5日から3週間以上としたい考えで、政府と調整する。現在午後9時までとしている市内の飲食店の営業時間は午後8時までに前倒しする方針だ。
 菅義偉首相は31日、首相官邸で西村康稔経済再生担当相、田村憲久厚生労働相ら関係閣僚と対応を協議。その後、記者団に「本日夕、大阪府から要請があり、まん延防止対策について、明日、会議を開いてかけることを決定した」と述べ、4月1日の基本的対処方針分科会でまん延防止措置の適用について諮る意向を表明した。
 大阪府は要請を府の対策本部会議で決定した。会議では、2回目の緊急事態宣言が2月28日をもって解除された後、3月中旬以降に府内で感染者が増加していることが報告された。特に大阪市内で感染が急拡大しており、吉村洋文知事は「大阪市内に集中した対策を取るべきだ」と述べた。20代と30代の感染者が急増しており、繁華街での会食や歓送迎会などが原因になっているとして「今後、高齢者施設や家庭内に広がっていくことが予想される」と警戒感を示した。
 府はまん延防止措置が適用されれば、マスク着用を利用客に徹底させるよう飲食店に義務付ける方針。飛沫(ひまつ)感染を防ぐアクリル板や、換気を促すため二酸化炭素(CO2)濃度を測定するセンサーの設置義務化も検討しており、費用の補助制度も設ける予定だ。具体的な要請内容や対象店舗は政府が適用を決定後、改めて対策本部会議を開いて判断する。
 まん延防止措置は2月に改正された新型インフルエンザ等対策特別措置法で設けられた。正当な理由がないのに時短命令などに応じない事業者に20万円の過料を科すことができる。緊急事態宣言では対象地域は都道府県単位だが、同措置は知事が市町村単位でエリアを決められ、緊急事態宣言が発令されていない段階で集中的に感染防止策を取ることができる。
 府は、大阪市内の飲食店などを対象に現在実施している午後9時までの時短要請を1日から府内全域に拡大することをすでに決めており、予定通り実施する。まん延防止措置適用後も大阪市外での時短要請は21日まで続ける。【芝村侑美、竹地広憲、石川将来、鶴見泰寿】
続きを読む

「どんどん綺麗になって行きますね」KABA.ちゃん【写真:インスタグラム(@kabachan_official)より】 タレントで振付師のKABA.ちゃんが31日、自身のインスタグラムを更新。韓国風ヘアを公開し、反響を呼んでいる。
【写真】「めっちゃ似合ってますよ」「素敵ー真似したいです」と反響…KABA.ちゃんが公開した実際の写真
「久しぶりに前髪切ってカラー変えたら髪の毛がめっちゃ傷んだ!きゃ、メイクさんに韓国風の髪型にスタイリングしてもらったゼ!あん♪」とつづり、1枚のイメチェン写真を投稿した。
 ピースを決めている笑顔ショットで、さっぱりした様子。
 ファンからは「めっちゃ似合ってますよ」「素敵ー真似したいです」「キレイになってる」「あら素敵」「どんどん綺麗になって行きますね」「キラキラしてらっしゃいます」「柔らかい優しい感じ」「美人さんなってますね!」などの声が上がっている。ENCOUNT編集部
続きを読む

1回裏を終えて、ベンチに戻る巨人先発の井納=バンテリンドームナゴヤ 「中日5-3巨人」(31日、バンテリンドーム)
 移籍後初登板となった巨人・井納がプロ最短の1回0/3、4失点でノックアウト。チームも今季初黒星を喫し、試合後に2軍降格が決まった。
【写真】横目の先は?原監督ベンチでズズッ
 初回、3点リードをもらってマウンドに上がった。大島、阿部に連打を浴び無死二、三塁。ここで高橋周に右前へ2点適時打を食った。
 続くビシエドには右前へ運ばれ一、三塁。平田は遊ゴロ併殺に仕留めるも、三塁走者は生還し同点とされた。
 二回、先頭の木下拓に左中間へ二塁打を許し、無死二塁となったところで桑田投手チーフコーチ補佐がマウンドへ。原監督もベンチを出て、投手交代を告げた。
 井納は広報を通じ「先制した直後に追いつかれてしまい先発の役割を果たせず申し訳ない気持ちでいっぱいです。いいリズムを壊してしまい、自分の投球ができなかったことが悔しいです」と言葉を絞り出した。
 試合後、宮本投手チーフコーチは「彼の実績からいって、5戦目ということで任せたつもりだったんだけど、ちょっとケガもあったりして、野球だけに集中できる状況じゃなかったのかなと。ファームに落とします」と2軍降格を明言。制球が甘かったとし、「しっかりコースにいかないと彼の持ち味であるフォークとかが生きてこない。もう一度その辺はファームでやってもらいます」と話した。
 井納は開幕前に頭部を負傷するアクシデントがあり、急ピッチで調整した過程もあった。原監督は「ちょっと調整不足かな。いろんな意味でね」とし、「あれだけポンポンポンというのはね…」と厳しい表情だった。
続きを読む

米ラッパーと提携して改造スニーカーを販売したクリエーター集団をナイキが提訴したニューヨーク(CNN Business) 米ナイキがこのほど、自社製スニーカーのカスタム版を数量限定で販売したクリエーターグループを相手取り、訴訟を起こした。商標権の侵害を訴えている。当該の製品に対しては、悪魔崇拝を想起させるとしてソーシャルメディア上で反発が巻き起こっていた。
ナイキは29日に提出した訴状の中で、МSCHFプロダクト・スタジオが同社の改造スニーカー666足を販売したことが商標権侵害に当たると主張。製品の表面に同社のロゴもあしらわれていると指摘した。
「サタン・シューズ」と名付けられたこのスニーカーはラッパーのリル・ナズ・Xと提携した商品で、29日の発売直後に全666足が完売していた。
ナイキの提訴についてМSCHFに繰り返しコメントを求めたが回答はない。
ナイキはサタン・シューズが「未承認」だとして、МSCHFに対し受注処理の「永久停止」を命じるよう裁判所に求めた。またソーシャルメディアのユーザーの中からナイキ製品の不買を示唆する声が上がっていることにも言及した。
サタン・シューズは悪魔をモチーフにしたコンセプトが物議をかもしている。ナイキについても悪魔主義を支持していると認識されることでブランドイメージに傷がつくといった実害が生じていると訴状は指摘する。
ナイキはこの件に関して、CNNを含む多くのメディアに向け声明を発表。同社とリル・ナズ・XやМSCHFとの間には何の関係もなく、サタン・シューズのデザインや販売にも関与しなかったと強調した。またシューズを支持する考えもないとした。
今回の訴訟の当事者にリル・ナズ・Xの名前はない。代理人にコメントを求めたが返答はなかった。
サタン・シューズは黒と赤をメインカラーにしたナイキ「エアマックス97」のカスタム版。シューレースには五芒星(ごぼうせい)をかたどったブロンズ製のアクセサリーが付属し、ミッドソールを満たす赤い液体には本物の人間の血液が1滴だけ混ざっているという。
МSCHFは2019年、「ジーザス・シューズ」と銘打った同様のカスタム版を販売していた。こちらは白と水色を基調としたカラーに、キリストの十字架をモチーフにしたアクセサリーが付属するデザインとなっている。  
続きを読む

照ノ富士(左)はドルジハンド夫人に感謝(代表撮影) 日本相撲協会は31日、東京・両国国技館で大相撲夏場所(5月9日初日、国技館)の番付編成会議と臨時理事会を開き、関脇照ノ富士(29、本名・ガントルガ・ガンエルネデ=伊勢ヶ浜)の大関昇進を正式に決定した。
 両ヒザの故障や内臓疾患などで一時は序二段まで転落しながらも大関復帰を果たした照ノ富士は「周りで支えてくれた方たちが、みんな自分のように喜んでくださっている。それが何よりうれしい」と充実の表情を見せた。
 2月には3年前に結婚したモンゴル出身のツェグメド・ドルジハンドさん(26)と挙式。直後の場所で最高の結果を収め「奥さんにいい報告ができる? そうですね。苦しい思いをさせてきたので。だからこそ、これからいい姿を見せて幸せにしてあげたい」。最大の理解者への恩返しはまだ道半ばのようだ。
 
 また、引退を考えながらも説得を続けてくれた師匠の伊勢ヶ浜親方(60=元横綱旭富士)にも感謝の言葉を口にする。
「辞めたいという気持ちを、病気を治すことに専念する気持ちにさせてくれたのは師匠。だからこそ今の結果が出ているわけですから、こういう形で元の位置に戻ったのもすべて師匠のおかげ。もっともっと稽古に精進して上を目指していきたい」
 苦難を乗り越えた男はここから新たな道を切り開くつもりだ。東京スポーツ
続きを読む

愛知県弁護士会館 愛知県弁護士会は31日、同会所属の男性弁護士を戒告の懲戒処分にしたと発表した。処分を受けたのは、ジャーナリストの伊藤詩織さんが元TBS記者の男性に損害賠償を求めた訴訟をめぐり、ブログで伊藤さんを侮辱したとされる男性弁護士とみられる。
【写真】愛知県弁護士会館
 伊藤さんは2015年に就職相談のため飲食をともにした元記者から、望まない性行為をされ精神的苦痛を受けたと訴えていた。元記者の代理人だった男性弁護士は、伊藤さんの訴えについて、自身のブログに「妄想」「虚構」「虚偽」などと記載。県弁護士会は19年9月、懲戒の審査を求める議決をしていた。
 男性弁護士は「議決を受けたこと自体は真摯(しんし)に受け止めている」とした上で、「内容については承服しかねる部分もある。慎重に検討の上、適切に対応したい」とコメントした。
 元記者は嫌疑不十分で不起訴処分になったが、損害賠償訴訟は東京地裁が19年12月、「合意がない性行為だった」と認定し、元記者に330万円の賠償を命じた。元記者は控訴し、東京高裁で係争中。朝日新聞社
続きを読む

新体制についての記者会見を終え、写真に納まる(右から)富士フイルムホールディングスの古森重隆会長兼CEO、後藤禎一次期社長兼CEO、助野健児次期会長兼取締役会議長=31日午後、東京都港区 富士フイルムホールディングス(HD)は31日、約21年にわたって経営を率い、事業構造の転換を進めた古森重隆会長兼最高経営責任者(CEO)(81)が最高顧問に退くと発表した。社長兼CEOには後藤禎一取締役(62)が昇格。助野健児社長(66)は代表権のある会長兼取締役会議長に就く。6月の定時株主総会後の取締役会で正式決定する。
【写真】新体制について記者会見
 古森氏は31日に東京都内で記者会見し、退任を決めた理由について「私自身がやるべきことはほぼ成し遂げた」と語った。
 古森氏が社長に就任したのは2000年。デジタル化の波が押し寄せ、収益の柱だった写真用フィルムの需要が減少に転じた年だった。「急速な勢いでフィルムカメラがデジタルカメラに(置き)換わっていった」中で、「何とか生き延びる方法はないか」と知恵を絞り、事業構造の多角化に向けた業態転換を断行した。
 医療機器・医薬品を手掛けるヘルスケア分野と事務機器分野を収益の柱に育成。19年には米ゼロックスの買収を断念し、同社との共同出資だった富士ゼロックスを完全子会社化した。21年3月期は、新型コロナウイルス禍の中で過去最高の純利益を計画しており、古森氏は「もう大丈夫。一流企業としてやっていける」と強調した。
 後藤氏は「(会社の)未来をつくることが私の使命だ」と抱負を表明。20年代半ばにヘルスケア事業の売上高を1兆円にする方針を示した。 
続きを読む

↑このページのトップヘ