上谷沙弥の挑戦に不満を漏らす林下詩美 17日、東京都・後楽園ホールにて『スターダム10周年記念日』が開催され、林下詩美が舞華を制してワールド・オブ・スターダム王座の2度目の防衛に成功した。
 2011年1月に旗揚げされたスターダムが10周年記念大会を開催。スターダムは2019年末に新日本プロレスも属するブシロードグループ入りし、以降は新日本の東京ドーム大会出場や日本武道館への進出発表、全国8局でのレギュラー番組放送など飛ぶ鳥を落とす勢いで急成長。『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』『ファイヤープロレスリング』など人気コンテンツとのコラボを実施してファンの新規開拓も積極的に行っている。
 詩美はバラエティ番組などに数多く出演する“ビッグダディ” 林下清志さんの三女であり、2018年にスターダムでデビュー。その直後から破竹の快進撃を続けて数多くの王座を戴冠。そして昨年11月の仙台大会では、岩谷麻優を撃破してデビュー3年目にして最上位のシングル王座であるワールド・オブ・スターダム王座(赤いベルト)を戴冠し、今年1月5日には団体の顔として新日本プロレスの東京ドーム大会に出場し提供試合を行った。
 この日のメインイベントでは、詩美が赤いベルトの王者として舞華を迎え撃った。
 2人の出会いは、舞華がJUST TAP OUTに所属していた2019年に詩美を会場に呼びつけて対戦を要求したことに遡る。当時の詩美は「遊び相手にもならない。スターダムの足元にも及ばない選手」と舞華を酷評していたが、当時詩美が保有していたフューチャー・オブ・スターダム王座(若手王座)をめぐる闘いや、昨年7月に舞華がスターダムに入団して以降の幾度にも渡る対戦の中でその力を認めていき、ライバルとして見るように。
 そして舞華は詩美が赤いベルトを巻くやいなや挑戦を表明し、詩美もこれを快諾。両者の戦績は1勝1敗1引き分けであり、両者の今の実力が問われる試合となった。
 互いに柔道をバックボーンに持つ2人は序盤からじっくりとしたグラウンド戦を展開するが、詩美が舞華の攻撃へ的確に各種ドロップキックを合わせていき試合のイニシアチブを握る。
 詩美はキャメルクラッチやスリーパーホールドなど首への攻撃で必殺のBTボムへの布石を打ち、胴絞めフロントネックロックで絞り上げるが、舞華がこれをぶっこ抜いてブレーンバスターで叩きつける荒業を見せ、互いにビンタで顔面を張り合う乱打戦へと持ち込む。
 舞華は腕ひしぎや三角絞めで詩美の腕を潰していき、山茶花や炎華落としで試合を決めにかかるが、詩美は逆腕でのラリアットで意表を突き、トーチャーラックボムからBTボムで叩きつけてカウント3を奪った。
/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZ{margin-top:20px;}
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.hrIyGd{width:950px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;}
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgd{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;}
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMco{width:25%;padding:0 8px;}
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGY{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .ickGY:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .ickGY::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;}.exrhXL{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .exrhXL:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .exrhXL::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;}.jhZTma{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .jhZTma:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .jhZTma::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;}.KjZLf{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .KjZLf:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .KjZLf::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;}
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYq{display:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpd{display:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;}
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYP{margin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;}
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmq{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;}
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbI{border-left:1px #3c4147 solid;}
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRI{display:block;padding:0 10px;color:#fff;} .JliRI:hover{color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdyd{background-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;}
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visited{color:#639;} .gaFnxp:hover{color:#cc3434;}前へ12次へ1/2ページ

皆さんの意見

  1. 武道館メインでは難しいでしょう。やるならその前に入れてくるのでは?武道館メインかセミ張れるのはVSジュリア、麻優、ビー、朱里もしくは他団体の誰かくらいではないでしょうか。
    いずれにしても武道館までは詩美赤ベルト維持は固そうです。

    0 0

  2. あ,ビッグダディの娘って知らなかった。

    2 1

  3. 絶対メインにはならないからな

    0 3

  4. 思いを堂々伝えた上谷を評価すべき。確かに実力不足と思う方々は居るだろうけど、このくらいアクション起こせる選手は居ないんじゃないかな?上谷は後に岩谷麻優と組んだら面白いと思うくらい期待してる。詩美に噛み付いて後にはタッグ解消する位が丁度良いよ。

    6 3

  5. 全女の「赤いベルト」はこんなとこで残ってたのね。タイトルは違えど色で呼ばれるほど権威がつけば立派です。北斗にも巻いてほしかったなー

    4 2

  6. 詩美さん頑張ってますね。
    ビックダディの家族、私はうらやましいです。
    家族で協力し合い、仲良く和気あいあいと・・・・
    兄弟たちの学費も、出させられてるって感じでなく大好き兄弟だから、自分も兄弟から援助してもらったし当然自分も援助するって感じだものね。
    温かさを感じます。
    ビックダディは変わったお父さんだけど、とてもとても温かさがあった人だから、兄弟姉妹みんな温かい子に育ったんでしょうね。
    私はプロレスは痛そうだから苦手だけど、詩美ちゃんの活躍はほんとにうれしいです。

    23 12

  7. そろそろお父さんにも教育的指導したら

    0 0

  8. 所詮プロレスなんてイカサマなのに何で盛り上がる?

    0 1

  9. 上谷の負けん気や上昇志向は分かるんだが、10周年のメインを張れるかといったらまだまだな気がする。詩美が言う通り武道館までどう上げてくかだが、その期間で上がるとは思いづらい。

    11 4

  10. 武道館のメインでこのカードだと弱いよね。
    それに上谷のシングルでの実績は何もない。
    10周年記念大会でベルト賭けてやるカードにはおもえない。

    6 2

  11. まだ赤のベルトに手を伸ばす前に
    越えるべき相手がいると思うけどな。

    0 0

  12. もう林下詩美でわかるだろ
    ビッグダディの記事の時に"林下詩美の父親"ビッグダディって書いてやれ
    林下詩美本人頑張ってるのに

    70 9

  13. もうさぁ〜
    自分の力でのし上がってきたんだから、ビッグダディの名前要らないと思うんだけどねぇ〜?

    親の七光でここまで勝ち上がってないと思うので

    10 2

  14. かっけー!詩美!

    11 3

  15. 誰?
    知らねぇ。

    1 17