29歳大卒ニートの男性のつぶやきが集めた共感。「追い込まれた末の行動」と振り返る本人に、これまでの日々について聞きました=トニーさんのツイッター(@ikisugi111)大学を卒業後、いわゆる「ニート」として生きてきた男性がいます。学校の級友から受けた心ない仕打ちのため、人とつながれている実感が薄れた思春期。当時の痛みを引きずり続け、半ば人生を諦め、働くことも放棄しました。しかし30代を目前にして、自ら「モラトリアム」に終止符を打とうと決めたのです。「もう夢を見る余裕はない、強くなりたい」。一人の青年が、生き直しを図るまでの日々を追いました。(withnews編集部・神戸郁人)
【画像】「俺の人生何だったの」「世の中を恨んで暴走するしかなくなる」魂の叫びを刻んだ青年のツイート
/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZ{margin-top:20px;}
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.hrIyGd{width:950px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;}
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgd{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;}
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMco{width:25%;padding:0 8px;}
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGY{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .ickGY:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .ickGY::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;}.exrhXL{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .exrhXL:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .exrhXL::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;}.jhZTma{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .jhZTma:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .jhZTma::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;}.KjZLf{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .KjZLf:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .KjZLf::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;}
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYq{display:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpd{display:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;}
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYP{margin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;}
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmq{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;}
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbI{border-left:1px #3c4147 solid;}
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRI{display:block;padding:0 10px;color:#fff;} .JliRI:hover{color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdyd{background-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;}
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visited{color:#639;} .gaFnxp:hover{color:#cc3434;}連続ツイートにつづられた生々しい言葉「社畜なんてなるか! とイキってたニートの末路を書く」。昨年11月、そんな一言から始まるツイート群を目にしました。
学生時代、同級生の嫌がらせにより、クラスに居場所を見いだせなくなったこと。「自由に生きたい」と就職活動をせず、ニート生活を送っていること。SNS上のインフルエンサーに心酔した末、ある日突然、社会で孤立していると気づいたこと……。
25個以上の投稿に並んだ生々しい言葉は、まるで懺悔(ざんげ)のようです。同時に、後ろ暗い過去と誠実に向き合い、やり直したいという思いにもあふれていました。4万以上の「いいね」がついたツイートを見ると、共感や励ましのコメントが連なっています。
発信者は、大学を卒業後、無職のまま3年ほど実家で過ごしているという29歳。どういった経緯で、今の暮らしに至ったのか。なぜ胸の内にある感情を、ツイッター上で絞り出したのか。直接答えが聞きたくなり、連絡を取りました。社会と距離を置いた「原体験」とは今年1月上旬、オンライン通話でやり取りした男性は、「トニー」と名乗りました。匿名を条件に取材に応じ、画面上にはツイッターアカウントと同じ、黒一色のアイコンが映し出されています。
ニートになった「原体験」は何だったのですか――。尋ねてみると、ゆっくりと言葉を紡ぐように、中高時代の思い出を話し始めました。ひどいあだ名と、繰り返された陰口学生時代のトニーさんは目立たず、引っ込み思案な性格でした。そのため周囲の人に、弱々しい印象を与えがちだったそうです。中学時代、同級生に付けられたあだ名は「ゾンビ」「お化け」。直接的な暴力こそなかったものの、尊厳を傷つけられる日々でした。
「自信のなさや、暗い感じが伝わったんでしょうね。同じ組の生徒全員から、下に見られていたと思います。同じ小学校出身の友達はいましたが、相談はできなかった。深い仲ではありませんでしたから。そういうものだと思って、周りからの仕打ちを受け入れていました」
地元の高校に進んでからは、状況は更に悪化します。入学早々、クラスで後ろの席だった男子生徒から、悪態をつかれるようになったのです。理由は「たまたま話しかけたこと」でした。
名前順が近いため、体育の授業でペアを組まされたり、同じ運動部で一緒に練習させられたり。ことあるごとに陰口をたたかれました。部活の合宿で、トニーさんとゲームに興じていたチームメートも、次第に同調するようになったといいます。
「男子生徒は容姿端麗で、運動や勉強も得意な『陽キャ』。とても逆らえず、自分に貼られた『陰キャ』のレッテルをはがせなかったんです。完全に『学習性無力感』に陥っていたと思います。それでも、学校を休んだり、転校したりする気力はありませんでした」
部活を1年で辞めると、自宅と学校を往復する日々を送ります。帰宅後は、ひたすらテレビゲームをやり込んだり、インターネット掲示板に入り浸ったりしていました。
むくむくと膨れ上がる青春への憧れと、級友への妬(ねた)み。「俺は、お前たちとは違うんだ!」。勉強に恋愛にと、忙しい日々を送る他の生徒に対し、そんな感情を抱くようになっていきました。次ページは:大学時代、自ら閉ざしてしまった心前へ1234次へ1/4ページ

みんなの意見

  1. 長いので初めの方しか読んでないけどこれから頑張ればいいんじゃない?

    2 0

  2. こういう記事わりと見かけるようになったよね。YouTubeでもニート動画が人気だけどいい加減さ。ニートネタで持ち上げるのやめない?
    自分より下を見れて気持ちいいかも知れないけどさ。病気とか仕方ない理由があるならともかくコイツのは自業自得じゃん。

    5 4

  3. 志って大切。

    6 0

  4. まだ29歳、やり直せます。バイトからでも、始めてみてはどうですか。

    6 1

  5. 自分のことを吐きだすのに勇気が必要だったと思うけど、これを読んだニートの何人かの人生は変えられたんじゃないだろうか。
    これから頑張ってほしいです。

    26 2

  6. お前はニートにも社畜にもなれないただのヘタレ。

    3 10

  7. 世の中偉くも強くもないのにイキッてる奴らが常にマウントをとろうとしている。誰かを見下していないと生きられない、そうすることで自身を保っている馬鹿が多い。この29歳の人はこれから進んで頑張って行けばいい。

    79 4

  8. 変わりたいと思うようになったってことはいいことだと思うけど、過度に自分に対して期待しない方が良いと思うけど・・・
    人間一時に大きく変われるもんじゃないから、まずはちょっとしたことから変わっていく努力をする方が良いと思います。(毎朝決まった時間に起きて朝食食べるとか・・・)
    『人生は重い荷物をを背負って長い道のりを歩むがごとし、焦るべからず』とかなんとか言ってた人もいましたから・・・
    まぁ何かと生きずらい憂き世ですから焦らずボチボチが良いと思います。

    7 0

  9. 逆に考えれば普通に働いて普通に結婚するって
    普通が物凄く難しくて大変なもんになったよな、と思う。
    でもそういう普通を手に入れてる人も
    時間や人間関係やら色んなもんを犠牲にしてるわけで。
    行きたくもない仕事に行き、
    話したくもない上司や同僚へ気を遣い。
    いつからこんな生きづらい世の中になったんだろうね。

    118 17

  10. うつになったり、大きな病気しなくてよかったね。自己分析は大きな一歩。
    まだまだこれからですよ。

    1 0

  11. 自由を選んだくせにバイトもせず自宅にいるって。それは自由とは言わない。親のスネかじり。

    29 4

  12. SNSにいる学歴やGAFA所属やら年収を書いてる奴等は偽物ですよ。
    まともなインフルエンサーはサロン誘導もしないんで気を付けてくださいね。

    0 0

  13. コロナだからそのまま家でおとなしくしていれば、社会貢献です

    7 3

  14. ニートを貫く事から脱出出来そうでなにより。
    ただ、「快適な環境で、働かないまま生活することも可能でしょう。」と言う考えは捨てた方が良いです。親はいつしか亡くなります。その後は快適な環境でなんて言ってられません。貴方の場合、心身共に問題はないようなので生活保護を受けるのは難しいと思います。例え受けれたとしてもその前にお姉さんに連絡がいく事になりますよね。お姉さん気が強いんですよね?きっと、貴方を責めるでしょう。そう言う事も考えて、早めにご就職先を見つけることをお勧め致します。

    2 0

  15. 20代なんざそんなもんだ。

    4 0

  16. 働かず家にいりゃそら出会いも何も無いですよ。とりあえずなんでもいいから働くところから始めよう!三年ぶりに仕事すりゃしんどいと思いますがすぐに慣れますよ

    21 2

  17. 29歳。
    私の様に29歳で難病と診断され、頼れる親も無く、治療法も無く、外に出るだけでがんになる為に、一生生活保護の身に転ずる者も居れば
    彼の様に、29歳で初めて社会に出て働き始める人も居る。

    働く事は、つらい。
    人間関係で揉めたり、心無い事を言われたり、肉体的にもキツい。
    毎日「あー、会社行きたくない。ずっと寝てたい」って思ってたよ、私だって。
    でも、彼が一度は目指した「一生ニートの生活保護者」になって思うのは
    働けるって、凄く幸せな事だったんだって。

    働けない事は、働く事以上につらかった。
    私は自他共に認めるくらい、メンタルだけは丈夫な人間だから、今は今なりの幸せ見つけて生きてるけど。
    (「ずっと寝てたい」って願いが叶っちゃったんだなぁ、って)
    多分、相当図々しくないと精神やられて死んじゃうよ。間違いなく。

    彼の決断を応援します。
    働ける事の幸せに、いつかきっと気付くだろうから。

    33 1

  18. ひろゆきに影響され過ぎたわけだな。普通はひろゆきの話は話半分で聞いてるヤツだけだと思ってたわ

    1 0

  19. 他人が自分の納めた税金で保護を受けることに皆嫌悪感を覚えるから、
    肉体が健康なうちは生活保護には頼らず最低限生活できるくらいのアルバイトをすればいい。社畜になって金はあっても時間がないというのも自由とは言えないし、無理のない労働と自由時間を確保し節約して生きるのもアリだと思う。

    21 8

  20. こういう方、結構多いと思う。
    自分は無理やり社会に合わせた生き方をしてきたけど、今も悩みながら生きています。
    みんなもがきながら生きてるんだね

    1 0

  21. 人間は追い込まれないと動かないから、ようやく動く気になったということだけでも進歩。2浪2留3年ニートではいきなり新卒正社員の給与は難しいだろうが、とりあえずフルタイムのバイトを探せばいいのでは。スーパーやコンビニは人手不足だから雇ってくれるでしょう。貯金ができたら資格などを取得してステップアップして転職し、給与を上げればいい。同い年より5年くらい後ろを生きていると思えば問題ない。

    129 13

  22. くだらない、自己中の慰め合いか。

    1 8

  23. ツイッター見に行ってみたら、なかなか考え方や行動が面白い人だった。
    ツイッターはやめないでほしい。

    24 2

  24. >そして、インフルエンサーたちは、人生の責任を決して取ってくれない……

    耳に心地よい良い言葉を発信する輩は一見実害がなくとも間接的に貴方の人生を搾取しています。彼らは一切の責任を取りません。自分の頭で考えて決断しましょう。

    23 0

  25. マジでわかります
    私は就職してますが、結局、日々自分のために生活するのが精一杯で、三十路越えても結婚どころか、出会いを求める時間がない
    最近、休日にスーパーやショッピングモール、公園に近づくのが、精神的にキツいんです
    同い年くらいの方が、奥さんと子供と手を繋いで歩いているのを見ると、心臓に穴が空いたような気持ちになります
    あぁ、俺、バッドエンドのゲームを延々と死ぬまで続けなきゃいけないのか、と思うと憂鬱です

    28 2

  26. 昔は純粋に自分がいい人なら周りはみんな良くしてくれると思っていましたが、世の中出ると不条理な事、訳もなく嫌な人、いろいろあります。段々とどうでも良くなり自分もやさぐれました(笑)世の中いい意味で適当なくらいが良い。人生は短いです。仕事は楽しむお金を稼ぐための我慢料だと頑張ってます。

    18 0

  27. ちゃんと大学を卒業してるのすごいし働く意志が出てハロワに通い始める勇気すごいし
    目標に向けて物事を進める力がある方だと感じる
    社会に出ると躓くことが多いけど自分に合った働き方を見つけて自分なりの意義を見つけられたら十分だと思います
    まずは一人暮らしが達成できるよう勝手ながら応援してます

    1 0

  28. まだ間に合う。
    一生目覚めないで社会や親を批判して死んでいく人もいます。
    少々廻り道しましたが今から少しずつでも社会に出ていけば良いと思います。

    90 4

  29. 本人が悪い、人の2倍働く
    それができれば40になるころにはいっぱしの社会人( ;∀;)

    1 0

  30. バックパックで海外へ行け。

    0 0