馬ふんを体になすり付ける中国・秦嶺山脈に生息する野生のジャイアントパンダ。馬ふんには寒さを感じにくくする物質が含まれることが分かった(中国科学院動物研究所提供) 野生のジャイアントパンダが馬ふんを体になすり付けるのはなぜ?  冬季にしばしば見られる行動の謎を中国科学院動物研究所などの研究チームが解明し、18日までに米科学アカデミー紀要電子版に発表した。
【写真】仲良く眠るジャイアントパンダの親子
 排せつされたばかりの馬ふんには、温度感覚を鈍らせる物質が含まれており、パンダが体に付けると寒さを感じにくくなるという。
 この行動が見られるのは、中国陝西省西安市に近い秦嶺山脈。古代から家畜の馬が物資を運ぶ際などにふんを落としていたため、パンダが体に付着した際の効果を覚えた可能性がある。
 研究チームが秦嶺山脈の生息地に赤外線カメラを設置し、2016年7月から1年間、パンダの行動を観察したところ、馬ふんの上で転がるなどして体になすり付ける行動が雌雄問わず計38回見られた。この行動が起きたのは16年11月から17年4月までで、ほとんどは気温が15度から氷点下5度の寒い日だった。
 排せつされたばかりの馬ふんには、馬が食べた植物の精油成分である「ベータ・カリオフィレン」や「カリオフィレンオキシド」が含まれる。培養細胞を使った実験で、これらの物質は温度センサーの役割を果たすたんぱく質「TRPM8」の働きを阻害し、寒さを感じにくくすることが分かった。これらの物質を干し草に加え、北京動物園で飼育するパンダに与える実験でも、体になすり付ける行動が見られた。 
/* sc-component-id: sc-gqjmRU */
.kDbGuZ{margin-top:20px;}
/* sc-component-id: sc-htpNat */
.hrIyGd{width:950px;margin:auto;padding:12px;background-color:#4e555d;}
/* sc-component-id: sc-bxivhb */
.gPlJgd{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;-webkit-align-items:stretch;-webkit-box-align:stretch;-ms-flex-align:stretch;align-items:stretch;margin:0 -8px;}
/* sc-component-id: sc-ifAKCX */
.esrMco{width:25%;padding:0 8px;}
/* sc-component-id: sc-EHOje */
.ickGY{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .ickGY:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .ickGY::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 0) 0;}.exrhXL{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .exrhXL:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .exrhXL::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 1) 0;}.jhZTma{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .jhZTma:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .jhZTma::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 2) 0;}.KjZLf{display:block;position:relative;height:100%;min-height:56px;padding:8px 56px 8px 8px;background-color:#494e54;border:1px #3c4147 solid;} .KjZLf:hover{opacity:var(--hover-link-pc);-webkit-text-decoration:none;text-decoration:none;} .KjZLf::after{content:'';display:block;width:40px;height:40px;position:absolute;top:0;right:8px;bottom:0;margin:auto;background-image:url(https://s.yimg.jp/images/jpnews/v2/pc/images/spr_footerNavigation_icon.png);background-size:auto 40px;background-repeat:no-repeat;background-position:calc(-40px * 3) 0;}
/* sc-component-id: sc-bZQynM */
.etOMYq{display:block;font-weight:bold;font-size:1.4rem;color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-gzVnrw */
.hsGpd{display:block;margin-top:4px;font-size:1.2rem;line-height:1.2;color:#8a8f95;}
/* sc-component-id: sc-htoDjs */
.jjGYP{margin:12px 20px 0;font-size:1.3rem;}
/* sc-component-id: sc-dnqmqq */
.dbIXmq{display:-webkit-box;display:-webkit-flex;display:-ms-flexbox;display:flex;-webkit-box-pack:center;-webkit-justify-content:center;-ms-flex-pack:center;justify-content:center;}
/* sc-component-id: sc-iwsKbI */
.bACKiA + .sc-iwsKbI{border-left:1px #3c4147 solid;}
/* sc-component-id: sc-gZMcBi */
.JliRI{display:block;padding:0 10px;color:#fff;} .JliRI:hover{color:#fff;}
/* sc-component-id: sc-bdVaJa */
.NBdyd{background-color:#fff;padding:12px 0 20px;font-size:1.2rem;line-height:1.6;text-align:center;}
/* sc-component-id: sc-bwzfXH */
.gaFnxp:visited{color:#639;} .gaFnxp:hover{color:#cc3434;}

ヤフーユーザーの意見

  1. パンダが折れた大きな木の枝を口で一生懸命引っ張る動画見たことあるけど、何するのかと思ったら、パンダが登れない様滑らかな素材で囲まれた木の下部を引っ張ってきた枝を支えに乗り越えて登って行ったwそれと硬い竹を頭に乗せて両手で折って食べるのも観たことある、てこの原理分かるのか!ものすごーく頭良い動物なんだなって驚きましたwしかもスーパー可愛い!

    4 1

  2. Fuck you china

    1 0

  3. パンダの知恵。いつこのような事を発見して覚えたんでしょうね。すごいですね。

    15 2

  4. ふんは漢字使って欲しい。

    0 0

  5. パンダの嗅覚が気になってしまった。

    1 0

  6. 熊やん笑笑

    0 0

  7. 馬糞から出るメタンガスに火をつけて暖を取るのかと

    0 0

  8. パンダはなにやっても癒されるなぁ

    6 0

  9. ただの熊になってて草

    6 0

  10. それより中国の研究関連はコロナなんとかしろや!ばらまきやがって!

    7 2

  11. 中国を憎んで、パンダを憎まず。

    75 16

  12. てか、野生のパンダこわ
    人襲うのかな

    7 2

  13. 最初に馬糞を付けようと思ったパンダはすごい

    0 0

  14. こんな姿でも、愛らしいなんて!

    0 0

  15. 単純に白黒だと目立つからカモフラージュしてるだけ説。

    0 0

  16. 新種って騒いでなかったっけ?

    0 0

  17. 野生のパンダは周りと同化している
    かなり汚いな(^o^)

    2 0

  18. タイトルだけパッと見て、パンダが馬を踏んづけてる姿をイメージしてしまった・・・

    1328 297

  19. 有用性に気づいた個体がするだけなら判るけど、知らない筈の他の個体はどうやって学習したんだろ?

    3 1

  20. 野生動物ってのは本当に賢いな。

    1 0

  21. 馬糞は発酵すると発熱する。
    牛ふんはしない。

    1 0

  22. 汚えな。パンダのイメージダウンした(笑)

    0 0

  23. >これらの物質は温度センサーの役割を果たすたんぱく質「TRPM8」の働きを阻害し、寒さを感じにくくすることが分かった
    この物質を抽出・精製して人間にも使えないか?今年は本当に寒い。

    8 1

  24. どうでもいいけど昨日、モンゴル人にコロナが少ないのは馬乳のおかげって記事もあった  馬すげーな

    2 1

  25. 嫌だ、温かいお湯で洗ってあげてください

    0 0

  26. 賢いな
    おれもやろう

    2 0

  27. 孔子曰く

    熊猫馬糞寒凌

    0 0

  28. ほう。
    学習能力あるねぇ。

    4 1

  29. たくましいなー

    0 0

  30. 新型コロナで大変だって言うのに、こういう記事やコメント欄見たら平和に感じられて善きかなぁ。

    2 1

  31. きゃー可愛い

    1 0

  32. 馬踏んで、って青竹踏みみたいな運動して身体を暖めるのかと思ったら、馬糞だった。

    2 0

  33. パンダの行動もいいが、今だに家畜の馬に運搬させる様な国が世界第二の経済大国なんて信じられんね。どんだけ貧困の差が激しいんだ。

    1 0

  34. 野生の知恵なのでしょうね。

    1 0

  35. 日本のパンダとはお金のかかり方が雲泥の差。

    8 3

  36. パンダはかわいいけど、この状態だと近寄りたくないw

    1 0

  37. 野生の習性で、生きて行く為の手段なんだろうけど、でも、せっかくのチャームポイントの白黒が、馬糞色に染められたパンダを見たら「.........。」という気持ちになりそう。

    1 0

  38. 野生の知恵って不思議ですごい。

    1 0

  39. 中国に住む動物だけのことはある、と妙に納得する。

    1 1

  40. パンダも今回のコロナ禍で参ってしまっているようだ。

    なにせ泥亀の攻守便所と呼ばれている空間で安酒を飲みながら朝まで悪口を語り合うのは
    横濱バーDudeなんぞクラスター漬けでしかない。

    そんな危険な店の重鎮、卑しきリーゼント野郎こと内田は精神が病んで卑屈になり、
    風前の灯火と化した営業だったのだが感染騒ぎによる時短要請に応じて店を閉め
    給付金を受け取ることで過去にない最高の潤いを見せている。

    店を見せエサにノーワークで給付金を得るという戦法は、もはや店は赤字製造機でしかない
    という認識になる。

          給付金を受け取り店を閉めて潤っている飲食業者には明日はない。

    1 1

  41. ハッカ油の逆バージョンってことか。寒さを感じないってどんな感じなんだろう。

    10 3

  42. 馬踏んで

    0 0

  43. イメージの話だが
    極寒の地でもっこもこのアウターを着てウィスキー飲みまくってるおっさんと同じ感じがして渋い(笑

    47 12

  44. 汚っw

    熊なのに冬眠しないんだね

    2 0

  45. 生きる為に使えるものは全て使い、命を繋ぐ。地球上で動物が繁栄してきたことの何よりの証です。我々人間も自然界にある再生可能エネルギーをさらに活用していく術をもっと編み出していきたいものです。

    395 62

  46. 寒さに強いイメージ

    0 0

  47. 馬糞を体に擦りまくったパンダ、只の熊に見える

    0 0

  48. 馬糞で、のほうね、馬踏んで、と紛らわしいな

    0 1

  49. >馬が食べた植物の精油成分である「ベータ・カリオフィレン」や「カリオフィレンオキシド」が含まれる。培養細胞を使った実験で、これらの物質は温度センサーの役割を果たすたんぱく質「TRPM8」の働きを阻害し、寒さを感じにくくすることが分かった

    流石にPNASクラスに乗る成果だけあって、ここまでしっかり原因を検討したんだな。

    192 45

  50. 感じにくくするってことはマヒするってこと?
    実際に体温は奪われてるのにマヒしちゃっていいの?

    43 4

  51. 馬糞と書かないのは何故?糞という字に放送禁止用語のような規制でもあるの?

    2 0

  52. パンダって中国語で「熊猫」だよ。

    3 0

  53. タイトル見て、馬を踏んでどうやって寒さをしのげるのかと開いてしまった

    16 1

  54. やったぜ。変態糞パンダ

    0 0

  55. 山林の奥深くに生息するパンダが進化する過程で
    馬糞が身近にあった事なんて無さそうだし、近年になってニンゲン・家畜と生息圏が近付いてから覚えたって事なんですかね。

    0 0

  56. 竹で飢えをしのぐ猛獣。生き残る知恵があったんだね。

    2 0

  57. 頭いい。日本のガースーやシンゾウにもパンダさん並みの知恵が欲しかった。

    1 0

  58. 白黒じゃないパンダって・・・ww

    0 0

  59. パンダも大変だね

    0 0

  60. 汚なっっっ!!!!!!

    1 0

  61. つまり体に悪いんじゃないか、運国際パンダは御免だ

    1 0

  62. 中国のことだからわざと糞を塗って撮影したんだろうな。やりそうだ。

    6 0

  63. 「馬を踏んで」かと思った

    13 8

  64. バフンッ!

    1 0

  65. 伊藤一刀斎もそんなことしてたような・・・。

    1 0

  66. 飼育施設で馬糞を燃やしてあげるのかなと思ったら、
    体に塗りつけるのかwすごいなあ本能の知恵。

    0 0

  67. パンダは見た目で得してる(´・_・`)

    33 0

  68. これはタイトルが悪いww

    3 0

  69. パンダ好き
    (σ*´∀`)
    早く温かくなってほしいです。

    7 0

  70. へ、へぇ〜…

    0 0

  71. 暖かい【何か】を探し求めて
    やりたてホヤホヤの馬糞だったりして(笑)

    と言うのは冗談で
    寒さを麻痺させてたら凍死しないのかな

    とりあえず、
    冬の野生のパンダは
    最強に臭いんだなと学んだ。

    1 0

  72. パンダは白黒の模様がかわいいのかと思っていたけど、形そのものが愛らしいのがよくわかる写真でした。

    0 0

  73. この色になると流石に熊だな…

    3 0

  74. タイトルで、なんか小馬みたいなのがパンダに踏まれているような光景を想像してしまった。
    違うじゃんと言っても、すでにクリック数を募金してしまった

    2 0

  75. 見た目がヒグマになってる…

    0 0

  76. 私の場合は、野良猫の糞を靴で踏んでしまって臭いで気づき
    急いで洗い場にダッシュで体温が上がる。一時的だが。

    41 11

  77. 冷え性なんでちょっと試したくなったな。。馬ふん

    6 3

  78. あっ、そういう防ぎ方…
    馬ふん積むのかと思ったら全然違った…

    1 0

  79. 初めて知った習性…
    タイトル見てビックリしたけど 寒さ凌ぐ為にゃ そぅするしか無いのね(笑)

    6 0

  80. パンダでさえ科学的に生きているのに、新型コロナに標語やスローガンの精神論で対処する日本て、、、、ねぇ、、、(´・ω・`)

    4 1

  81. 中国ならパンダにこたつ提供しかねない。

    0 0

  82. 出来立てホヤホヤじゃなきゃ塗りにくいですね笑……ってことは野生の馬もそこらに生息してるんですね

    0 0

  83. 糞まみれのパンダの写真は引くものがある。今年は世界的にも寒いのかなぁ。
    中共がコロナばらまいたのによりにもよってね。

    1 0

  84. これから寒いときは俺も馬糞塗ってみる。

    0 0

  85. タイトルだけ見て、馬踏んでってどういうことよ
    と思ったら違った(´・ω・`)

    74 11

  86. 汚いと思っちゃうのは人間だけ。
    パンダにしてみたら 生きる知恵なのかな?
    でも、確かに匂いそう…(涙)

    0 0

  87. 写真…
    やっぱり熊なんだねぇ。

    0 0

  88. 「温度感覚を鈍らせる物質」?それは人間にも効くのか?それならその成分をスプレーにして体に吹き付ければ冬の寒さも防げるし、衣服費も暖房費も減らせる。肌着に染み込ませれば薄くて暖かい物が作れる。

    28 6

  89. パンダも日本の固有種だったら
    どっかの国みたいにレンタルなんかしないだろうね

    7 1

  90. だからパンダは茶色いヤツが居るのか!

    0 0

  91. ふんはカタカナか漢字表記にすべきだったよね、ライターなら特に

    15 4

  92. 今時、パンダなんてそんな珍しくもないんだから
    特別待遇なら、中国に返還したほうがいい。
    それより他の動物にお金をかけてほしい。
    コンクリートの監獄の様な所をウロウロしてる姿を見ると、全く自然の生活環境からかけ離れてるし、自分が動物だったらと思うと餌には困らないけど気がおかしくなると思う。見るに耐えないよ。

    5 12

  93. ばっふんだ!

    0 0

  94. 本能以外にも何かあるように感じる。凄いな。生きようとする生命の法則やろな。なので、そのリズムに逆らう自殺は絶対にダメ。
    もし生命が永遠であれば、その人の生命そのものが法則に逆らったがために地獄そのものになる。

    11 4

  95. なかなかオシャレさんだね

    1 0

  96. オンドル代わり。

    0 0

  97. 羽毛の次は馬糞のダフンジャケットが売り出されるか?

    0 0

  98. パンダの好きな匂い成分も含んでるのかも知れないね。
    幾ら使えると判ったとしても、パンダにとって嫌な匂いだったら我慢してまで擦付けるかな?

    8 1

  99. 昔、畑に肥やし用に馬糞の山があって知らずに遊んでたな。確かに暖かかったな。

    1 0

  100. 身体の白い部分が少ない方が太陽光であったまれそう。

    1 0

  101. 写真の野性パンダは野性味溢れてるね。初めて見たが普通に熊にしか見えない
    飼育パンダは自分が特別扱いされていることをよく分かっているんだろう

    17 1

  102. 彼(彼女?)を抱きしめられたら本当のパンダ好き。

    0 0

  103. フンに含まれる成分によっては、傷などがあればそこから化膿したりなんてこともあるのでは。フンはあくまで代謝物ですから。
    動物の考えはあくまで動物的、直情的ともいえる。人間が参考にするなら他の知見も含めて総合的に考察されたほうが良いでしょう。
    話題としては、良いのでしょうが。
    すぐ感心してしまうのも、何か人間社会の危うさを感じます。

    6 15

  104. パンダが好きでよく動画やライブを見ます。
    結構な雪が降る中でも水風呂に入ったり竹食べたり嬉しそうに遊んだり。
    心配になるぐらい土砂降りの雨でもわりとへっちゃらで寝てたりする。
    だから相当寒さに強いと思ってた。

    馬のふんに擦り付ける理由、他にもあるんじゃないかなぁ。

    5 1

  105. その手があったか!?

    3 1

  106. マヒするだけではないのではないか。泥との比較になるかもしれないが、馬糞の方が保温効果が高いとか、あるいは赤外線の吸収効率が高いなどの理由は考えられないのかな。

    0 0

  107. パンダが馬を踏んづけてるのかと…

    0 0

  108. 中国の解析能力は非常に高くなっている。
    論文も日本の比じゃない。
    中国が武器を捨てれば各国認めるのにね。
    今は野蛮国で独裁国家で拷問が横行。

    0 0

  109. 今年は寒いから、ワシもやってみよう。

    55 5

  110. くさそう

    0 0

  111. 汚ね

    1 0

  112. 最初のパンダもこんな感じだったのか
    黒い姿をみられて虐待されてたとか聞いたことが有る

    29 12

  113. パンダ!

    熊なのに模様や名前のニュアンスで好かれている。

    カブトムシやクワガタに至るまで人間の気分って怖い

    65 9

  114. 野生動物はすごいな。見た目はすごいが
    理由を聞くと胸が熱くなった。
    それに比べて自分ときたら…。

    116 10

  115. パンダが凶暴なグリズリーに見える。

    1 0

  116. 目にくまができた疲れたヒグマみたい。

    1 0

  117. 馬の上に乗ってるパンダの写真を期待して記事を見てしまった。

    19 0

  118. ユニクロも
    冬の寒さ対策に、
    人間用の
    馬ふんコート、を発売してはどうか。

    0 1

  119. >馬ふんで寒さしのぐ

    他人を貶めてストレス解消する人間じゃあるまいし。(ちがうから)

    「馬糞で」ね。

    2 0

  120. タイトル見て怖くなって、写真見て安心した~

    3 1

  121. 馬糞は発酵で暖かいから、コタツ代わりにするのかと思った。
    温度感覚鈍るのは、単純に自分をだますだけだから、本当は体に良くなさそう。

    3 0

  122. タイトル、馬を踏んだのかと思ったら違った

    39 9

  123. 写真をじっくり見ても、これが元パンダであることをなかなか理解できなかった。

    6 0

  124. 何年も洗って無いムートンみたいですね。

    0 0

  125. パンダが馬ふんをつけて寒さを凌ぐとは驚きました。
    余程寒いということなのでしょう。
    野生のパンダも生きるための知恵を備えているのですね。

    78 6

  126. 森公美子さんの話していた『パンダちゃん、可愛いぞ~。でも、臭っせぇんだあ!』ってのを思い出す。

    3 0

  127. 写真のパンダはなすりつけを超えて馬糞を浴びているレベル!ここまできれいに白い部分がなくなるまでつけるとは!匂いはどうなんでしょう?

    1 0

  128. 真似してみたいと思います

    0 0

  129. それより通常の耳とは別に、ダックスみたいな垂れ耳があるほうが気になる。早く暖かくなるといいね。

    59 15

  130. 馬を踏む?
    勘違いが解消して、気持ちのいい朝を迎えている。

    0 0

  131. へーなるほどなー

    0 0

  132. あ、「馬ふん」ね
    踏 踏んで かと思ったよ(--;)

    0 0

  133. 元々、野生のパンダの生息地は相当に標高の高い所で寒冷地。冬季には雪で覆われる。そんな場所には馬はいない。この中国の研究論文、ものすごく怪しい。眉唾、眉唾。

    3 1

  134. 『パンダ,馬ふんを利用して寒さしのぐ』という表記の方が妥当ですね.
    時事通信的には、釣り臭い方が我々ヤフコメユーザーが引っ掛かると判断したのかも知れませんが。
    パンダたちの感覚欺瞞が高じて凍死しない事を祈りますし、化学合成により人間の医療にも利用出来る成分でしょうか…

    0 1