気になったYahooニュースまとめ

ヤフーニュースのコメントをまとめたブログです。

カテゴリ: 地域

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県民の「生活の足」となっている乗り合いバス会社が窮地に立たされている。県バス協会によると、外出自粛による利用者減で、4~5月の売り上げは前年から半減、緊急事態宣言が解除された今も6~7割程度の事業者が多いという。本格的な需要回復がいつになるか見通せず、事業者は不安を募らせている。

 「走れば走るほど赤字だ」。県内バス会社の幹部はかつてない窮状を嘆いた。

 新型コロナの感染拡大に伴う臨時休校が始まった3月上旬から利用者が急減し、緊急事態宣言発令後は平日で6割、休日で8割以上の落ち込みとなった。このバス会社はコスト削減などのため減便に踏み切ったが、「車内が混雑して感染リスクが高まる」などと苦情が寄せられた。

 各社は感染防止対策を講じながら、需要回復を待ち望む。遠州鉄道(浜松市中区)は学校再開のタイミングに合わせ、5月下旬から平日ダイヤに復帰。降車ボタンの消毒や、運転士との距離を保つため最前列の使用禁止など対策を強化する。伊豆箱根バス(三島市)は運転席付近に飛沫(ひまつ)感染防止シートを設置した。

 ただ、利用者が元に戻るかどうかは見通せない。しずてつジャストライン(静岡市葵区)は6月から、朝夕のラッシュ時の便数を増やしたが、利用者は前年より3~4割少ないまま。今後は利用状況に応じて柔軟にダイヤを見直す方針だ。

 県バス協会によると、乗り合いバスは平常時でも赤字のケースが多く、自治体の補助を受けながら路線を維持しているのが実情。急激な経営悪化を受け、5月下旬には県に減収分の補塡(ほてん)や収束後の需要喚起策の支援などを緊急要望した。

 需要低迷が長期化すれば生活路線の維持にも影響が出かねない。同協会の堀内哲郎専務理事は「過去に経験のない需要の落ち込みだ。運行の維持は公共交通機関の使命だが、事業者独自の取り組みでは難しい」と訴える。
続きを読む

 新型コロナウイルス予防として国が示した「新しい生活様式」が、保育や幼児教育の現場に戸惑いを生んでいる。示された通りに子どもに接すると、人との関わりの中で養われる子どもの成長を妨げる可能性があるからだ。広島県内の現場でも、どうやって育ちを守るのか模索が続く。



 1人の子どもが面白そうに遊んでいると、子どもたちが次々に集まって話し始める。そのたび、ともえ保育園(広島市中区)の坂本智恵園長(51)は戸惑う。「どのくらい密になったら『離れて』と言わなくちゃいけないのか」

 新しい生活様式には、人との間隔を2メートル空ける「身体的距離の確保」が盛り込まれている。一方、子どもは遊びの中で友達と集まり、アイデアを出し合う体験を通じて、コミュニケーション能力が発達し、思考力が育つ。幼児期は、そうやって人としての「土台」を築く大切な時期という。

 坂本園長は「『離れて、離れて』と保育士が言ってしまうと、後々に影響が出てしまうのではないでしょうか」と悩む。

 とも認定こども園(安佐南区)の龍山永明園長(68)は「身体的距離の確保」に加え「マスクの着用」が成長に与える影響を心配する。マスクは表情を隠し、「人の気持ちを読み取る練習ができにくい」と話す。

 食育への影響も気にする。新しい生活様式では「対面ではなく横並びで座ろう」「料理に集中、おしゃべりは控えめに」とある。山本克子副園長(62)は「黙々と食べると、食事の楽しさが失われてしまいかねない。嫌いな物に挑戦しようという気持ちも湧きにくい」と話す。

 両園とも、できる限りの感染予防に取り組んでいる。園舎の消毒や園児への手洗い指導、全園児を集めた集会の中止―。ともえ保育園は、広島市が先月下旬に示した保育所での対応例に従い、昼寝の時には布団の間隔を空け、子どもの顔と足が交互に並ぶように寝かせるようにした。坂本園長は「子どもの命を守ることが1番大事。でも、育ちも守りたい」と強調する。

 保護者の心中も複雑だ。西区の事務職女性(30)は「園内で新型コロナの感染者が1人でも出たら、子どもを預けられなくなる。新しい生活様式を保育園でも守るしかないのではないでしょうか」と話す。東区の薬剤師女性(37)は「安全対策と子どもの成長を支える保育のバランスをうまく取ってほしい」と願う。

 広島県私立幼稚園連盟の住田直之理事長(57)は「保護者にも多彩な意見があり難しい」と明かす。「子どもの成長を妨げないよう、新しい生活様式を私たちなりにどう解釈するか、今はまだ手探りです」

 比治山大子ども発達教育学科の加納章准教授(55)=乳幼児保育専門=は保育士たちに工夫を提案する。マスク着用時は声色を変えたり身ぶりを交えたり、目元の表現を意識したりして、少しでも表現豊かに話し掛けるよう促す。子ども同士を離すときは「大変な病気がはやっていて、つばが友達に飛んだらいけないからね」といった丁寧な説明が大切という。「友達と仲良くするのは悪い」と子どもが誤解するのを防ぐためだ。

 加納准教授は「子どもはどういう状況でも遊ぶ。『どうやったら遊びに変えられるか』という視点を忘れないでほしい」と呼び掛けている。
続きを読む

 7日午前3時10分ごろ、岐阜県各務原市那加信長町の市道で、道路脇の看板などに衝突した乗用車から出火。車は全焼し、約25分後に消えた。運転席から性別不明の焼死体が見つかり、各務原署が身元の特定を急いでいる。

 署によると、付近住民から「車が事故して火が出てます」などと110番があった。乗用車は片側1車線の直線道路を東進中、高さ5メートル、幅80センチの看板などにぶつかり炎上したとみられる。看板にも延焼した。署は事故原因を調べている。
続きを読む

 熊本県上天草市姫戸町姫浦の木下和子さん(88)は、新型コロナウイルス感染防止に役立ててもらおうと、手先の器用さを生かして布マスク作りに励んでいる。4月初めの製作開始から500枚ほど完成。大半を地元住民らに贈り、喜ばれている。

 元保母(現在の保育士)。定年退職後は手芸に打ち込み、布かばんなどを作ってきた。マスク作りは、自宅に取りそろえていた多彩な柄や素材の布を活用。型紙に沿って裁断後、ミシン縫いからゴムひも通しまで丁寧な作業で仕上げている。

 完成後の袋詰めの際には、一つ一つに「コロナウイルスに負けませんように!」などと記したカードも添えている。これまでに地元の老人会や高齢者施設などに届け、感謝されている。

 夏が近づき、レース生地を使った涼しげなマスク作りを進めている木下さん。「無償配布は地域への恩返し。作るのは楽しく、必要とする人たちに喜んでもらえれば」と、はつらつとした表情を見せた。(松冨浩之)
続きを読む

 7日午前、三重県鳥羽市の路上で男性がバイクと共に倒れているのが見つかり、死亡しました。


 午前10時半ごろ鳥羽市白木町の国道167号で、男性がバイクと共に倒れているのを通行人が見つけ、110番通報しました。

 警察によりますと男性は津市の職業不詳桜井淳一さん(53)で、見つかった時に意識はなく、病院に搬送された後、死亡が確認されました。

 倒れていたバイクは前輪が破損していて、近くのガードレールには傷がありました。

 警察は単独事故のほか、ひき逃げの可能性もあるとみて調べています。
続きを読む

 京都市で6日から、国民1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」の申請書が配達されている。10日までに各世帯に届き、申請からおおむね10~15日後に入金されるという。申請書には、受け取りを辞退する「不要」欄が設けられており、市は「10万円の給付を希望する人は何も書かないで」と注意を呼び掛けている。



 申請書はA4用紙1枚。市民が記入するのは、表面の▽申請日▽押印か署名▽電話番号▽受取方法(振込口座)―の4点。裏面に、世帯主の本人確認や振込口座の確認書類を添付する。口座がない場合は窓口での受け取りもでき、専用欄にチェックをすれば後日、市から郵送で案内が届く。
 落とし穴は、給付対象者の横にある「不要」欄だ。「給付金を希望されない方は不要を〇囲みしてください」と注釈があるが、×や✓を書いても給付辞退と見なされてしまう。不要欄は、総務省が示す申請書の見本に盛り込まれており、全国で誤って選択してしまうケースが相次いでいる。
 申請は9月15日まで。書類に不備があった場合は、市から郵送で、不備内容の通知や申請書が送付される。行政を名乗る給付金詐欺が各地で発生しており、市は「給付金に関して市から電話やメールをすることは基本的にない。不審な連絡があったら警察に通報を」と求めている。
 問い合わせは、市特別定額給付金コールセンター0570(074)428。
続きを読む

 新型コロナウイルスの感染対策のために、ドラッグストアなどからマスクが消える中、飲食店や携帯電話販売店など異業種の店で衛生用品を販売するケースが目立っている。取り扱う店が増えたことから、大幅に値下げして対応する店舗もある一方で、ドラッグストアでは依然として品薄状態が続いている。

続きを読む

 「子どもの支援のために使ってください」。見知らぬ男性が今月4日、埼玉県さいたま市岩槻区東岩槻の「東岩槻こども食堂」を訪れて、現金10万円入りの封筒を手渡した。代表の後藤成美さん(61)とボランティアの女性スタッフらは「感動しました。せっかく頂いたものを生かすため、有効に使いたい」と話している。

続きを読む

↑このページのトップヘ