気になったYahooニュースまとめ

ヤフーニュースのコメントをまとめたブログです。

カテゴリ: ライフ

 緊急事態宣言が解除され、「新しい日常」が動き出した。しかし、6月以降も、在宅ワークで仕事を続けるサラリーマンが多いと聞く。そんな中、アパホテルは6月30日までの期間限定で全国のアパホテルに税・サービス料込2500円~の特別料金で宿泊できる「新型コロナウイルスに負けるなキャンペーン」を実施中。多くの人がテレワークなどで活用されているようだ。どれだけのおトク感が味わえるのか、実際に泊まってみた。



 アパホテルは全国最大の656ホテル10万1402室(建築・設計中、海外、FC、パートナーホテルを含む)を展開する最大手。今回のキャンペーンは、新型コロナ感染拡大防止のため、テレワークでの利用や長時間通勤による感染リスクの軽減など、幅広い用途で利用してもらおうと、アパグループ創業50年目記念企画として、創業日である5月10日から実施している。

 予約はアパ直(アパホテル公式サイト・アパアプリ)限定。アパホテル会員の割引特典も選択でき、2500円よりさらに安い2370円で予約できた。宿泊先はJR京葉線・海浜幕張駅から徒歩7分の「アパホテル&リゾート〈東京ベイ幕張〉」。地上50階建て、高さ180メートル、ホテル単体の建物としては日本最高層。アパホテルのシンボル的な存在だ。自宅から最も近いホテルなので、取材などで来たことはあるが、宿泊したことはない。

 チェックインは午後2時から。フロントにあるディスプレーにタッチして、自身で行う。不明な点があれば、飛沫防止用の透明シート越しフロント係がサポートしてくれる。クレジットカード決済を済ませると、カードキーが出てくる。ちなみに、追加精算がなければ、フロントに寄らずにチェックアウト(翌日午前11時まで)もできる。

 客室のタイプについては選ぶことはできないが、果たして? 部屋は39階。大きめのベッドに大型テレビなどがある。おそらくスタンダードなタイプだろう。オーシャンビューで、眼下にはマリンスタジアム、幕張メッセ、サッカー日本代表の専用練習コート、遠くには東京スカイツリーも見える。在宅ワークでは自分も家人も息が詰まってしまう。こういう環境で働くのは悪くない。

 まずは大浴場でサッパリしよう。2か所の大浴場は休館中だが、セントラルタワー4階にある「玄要の湯」が使える。玄要は禅の言葉で「決して強要することなくやさしく包み込む」という意味だそうで、大浴殿、露天風呂は檜風呂・うたたね風呂・滝湯など19個17種類(ラヂウム人工温泉)が楽しめる。スーパー銭湯でも、1000円近くする場所もあるから、コスパは相当高い。ちなみに、風呂と食事を楽しみたい、という人には「湯ったり日帰りプラン」(ランチプラン税込5000円~、ディナープラン6000円~)もあるようだ。
続きを読む

 いつも仲良しなスコティッシュフォールドの“ちょみー”(10ヵ月・メス)と、マンチカンの“ぷてぃこ”(6ヵ月・メス)。観察大好きなぷてぃこは、家事の見学が大好き。キッチンで洗い物中に、シンクに手をかけてじっと見つめる姿がSNSに投稿されると、「かわいすぎて涙出た」「確かに洗い物が苦にならない!」と大きな反響を呼び、「うちもやります」と多くのリツイート写真が投稿され盛り上がった。少し年上のちょみーが優しく見守る姿も度々登場。癒しを届ける2匹の素顔を、飼い主さん(@chomiputi)に聞いた。



■飼ってる人にはあるあるだった!? 猫の“飼い主観察”に共感続出

――ぷてぃこがシンクに手をかけて見守る「洗い物が苦にならない」の投稿は、大きな反響がありました。これは、よく見られる光景なのでしょうか。

【@chomiputiさん】パパの観察をするのが好きなので、よくあります。お風呂掃除も観察しています。

――ぷてぃこの性格を教えてください。

【@chomiputiさん】自由気ままでわがままなおてんばさんです。生後6ヵ月ですが、まだまだ子猫感が抜けなくて、遊びも寝るのも食べるのも常に全力です。なんかすべてにおいてガツガツしてます(笑)。

――そんなぷてぃこを優しく見守るちょみーは、どんな性格ですか?

【@chomiputiさん】優しくて、穏やかなお姉さんですね。常にうちの娘と、ぷてぃこのことを気にかけていて、気が付くとどちらかの近くで腰かけて見守っています。たぶん、両方自分の子どもだと思ってます(笑)。でも、誰も近くにいない時は、ベビー時代に戻ったかのように甘えて来るときもあります。

――1日の日課で特徴的なものはありますか?

【@chomiputiさん】ちょみーもぷてぃこも早朝になると、パパに甘えに行きます。ふみふみゴロゴロします。ママのところには、生存確認(主に足を噛む)だけ来て、甘えてはきません。謎です。
続きを読む

 ふかふかの草の上でネコちゃんが眠っています。ゆったりくつろいで、なんて癒やされる光景……というわけでもないらしい。



 眠るだけで話題になってしまったのは、不知火さんちのネコの「くま」ちゃん。くまちゃんはきれいな緑に悠々と寝そべってリラックス中でした。しかしこのあざやかな緑がどう見ても稲の苗だったものだからさあ大変! 「お前!! 芝生じゃないんだぞ!!!!」

 声をかけてみるも、くまちゃんは目を覚ましてちょっと顔をあげた後、すぐに寝直してしまうのでした。なんて態度! でもそのふてぶてしさがネコのかわいさでもあって、なかなか複雑なところですね。

 ちなみに2020年も丈夫な苗が育ったようで、くまちゃんが寝てた苗はまったくの無事! ネコの身にはさぞふかふかとして気持ち良いクッションとなったことでしょう。春先だけの季節感あふれる誘惑でした。

 5匹のネコちゃんが暮らす不知火さん宅。農作業に親しんでいるネコちゃんは、主にふくちゃんとくまちゃんの母娘2匹とのことで、お家でも一緒に過ごす様子が見られます。興味を持つものが似通っているのもそのおかげ? 季節ごとの思い出、たくさん作っていってくださいね。

画像提供:不知火(@ryo_humoe)さん
続きを読む

 「アベノマスク」が京都市内の我が家に届いたのは、緊急事態宣言が解除された後の5月下旬。既に、品切れが続いていたドラッグストアにマスクが並ぶようになり、妻と子は手作りマスクを着けている。「もう、いらんのやけど…」と思いつつ、せっかく国が無料でくれたのだから、使ってみることにした。1週間連続でアベノマスクを着けてみると-。



 我が家に届いたアベノマスクは縦9・2センチ、横13・3センチ。15層のガーゼが重ね合わせられ、ゴム製のひもがついている。厚生労働省によると、製造元は3社あり、大きさにミリ単位で差がある可能性はあるが、品質や仕様はほぼ同じという。ちなみに、勤務先にあった不織布マスク(京都市の医療系メーカー製)は縦9センチ、横17・5センチ。不織布マスクは折り重なった部分が伸縮するため、中央部では縦13―12センチを覆うことができ、アベノマスクよりもカバー範囲はかなり広い。

 【1日目】

 実際にアベノマスクを着けてみると、思ったほど小さくない。鏡を見ても、安倍晋三首相のように明らかに小さい状態ではないようだ。着け心地は不織布マスクと比べ、やや厚みを感じるが、ほぼ変わり無い。

 しばらくして、長所に気がついた。紙マスクで悩まされていた眼鏡の曇りが発生しない。呼気中の水分を、アベノマスクが吸収してくれているのか。優れものじゃないか!

 一日を終えた。マスク両サイドのゴムを通す部分は少し縮んだが、思ったほどでもない。

 手洗いして干してみた。めちゃくちゃ縮んだらどうしよう。しかし、それは無用の心配でだった。朝には当初の姿をほぼ取り戻し、新品に比べて縦1ミリ、横1ミリの縮みにとどまった。これは意外と使えるんじゃないか-。

 【2~7日目】

 …という政権発足直後に抱いたような好印象は、日を追うごとに色あせていった。

 初日はそうでもなかったが、2日目以降は、マスク両サイドのゴムを通す部分が縮むようになった。マスクの縦幅は目に見えて小さくなり、あくびをすると、鼻が覆えず露出してしまう。まさに安倍首相をほうふつとさせる「小さすぎるマスク」だ。

 しかも、マスクが小さくなると、隙間から漏れる息で眼鏡が曇るようになった。加えて、階段を上りきったりして荒い呼吸をしている時は、呼気中の水分を布が吸って湿るため、息がしづらくなる。夏場に入るこれからは蒸れてつらくなるのが必定だ。

 3日目。この日は、京都アニメーション放火殺人事件の容疑者逮捕の取材に加わったため、早朝から夜まで14時間もアベノマスクをつけっぱなしだった。ゴムが食い込み、耳が痛かった。帰宅し、顔から外した直後のマスクは縮みまくっており、縦幅は両端が約5・2センチ(当初比で約44%縮小)、横12・7センチ(同約5%)になっていた。

 だが、使った後には小さく縮んでいても、洗って干すと、ほぼ元の大きさに戻る。新品と比較しても、縮むのは縦横5ミリ程度。しぶとい。さまざまな疑惑が浮上するたびに批判を浴びながらも、いつの間にか支持率を回復してきた現政権のようだ。

 【1週間後】

 1週間の使用を終えた8日目の朝、マスクの大きさは縦8・7センチ、横13センチだった。わずかに糸がほころんできたが、まだまだ使えそうにみえる。

 ただ、アベノマスクを毎日着けてみて、気づいたことがある。街ゆく人も、会社の同僚も、誰もアベノマスクをつけていない。知り合いに会うたび、「アベノマスク?」と聞かれ、地下鉄の車内では視線が気になる。恥ずかしい。

 結論。アベノマスクは、まだ使えそうだが、市販品のマスクに戻すことにした。着けているとどんどん小さくなってしまうことと、外出時に恥ずかしいことが主な理由だ。菅義偉官房長官がおっしゃるように、「第2波」が来て、再びドラッグストアからマスクが消えたときのために、保管しておこう。

(まいどなニュース/京都新聞・辻 智也)
続きを読む

 ゆっくり寝たい土曜日の早朝。午前6時40分過ぎに届いたのは「はやくこめんとちょうだい」のメッセージ。眠い目をこすりながら「おはよう」と返したら「だけ」「おはようだけ?」…って、メッセージが次々飛んできて…。ひぃーっ!!!



 思わず背筋が凍り付きそうですが…これを送ってくれたのは、Twitterユーザーの「手を洗うりょーた」(@garnet23rd)さんの小学1年の娘さん。さらには画面を埋め尽くす着信通知に「ゆるさない」のスタンプ…と愛娘の重すぎる愛情(?)に思わず「なんだか束縛の強い恋人感?」と呟いたところ「めっちゃめちゃ可愛い!」「愛されてるねぇ」「かわいいけど怖ぇww」と共感を呼び、これまでに16万以上のいいねが。さらに過ぎ去った娘との甘い時間を懐かしむ多くのお父さんたちから「小4~5になると既読すらつかなくなった」「2年間ブロックされました」と涙なしには語れない経験と「今を思いっきり楽しんでください」と実感こもったアドバイスが続々と寄せられています。

―いったい、どんな状況だったのでしょう?

「6月から小学校が始まったこともあり、緊急連絡と、防犯などのため位置情報をGoogleマップで僕と妻で共有できるよう、昔のスマホに格安SIMを入れて娘に渡したんです。そして娘からも私たちに連絡ができるよう、簡単に文字入力の方法や、LINE通話の掛け方を教えました。それが一昨日のことです」

―このメッセージが昨日(6日)の朝ですから…わずか1日でマスターした、と?

「ええ。文字入力やスタンプ、通話とLINEの機能は一通り使いこなせているようです。入力はフリック入力で、音声入力も使っているようですね。友達追加やスタンプ購入などは勝手にされると困るのであえて教えておらず、親以外とのLINEは当分させないつもりで、夜は僕が預かるようにしています」

―なんと…。そして朝起きるや否や…

「はい。起きてすぐスマホ置き場に行ってスマホを取り、前の晩に送ったLINEへの返事がないことを確認するや僕を起こしに来て『早く返して』と言われたんですが、まず他の人のLINEを見ていたところ『はやくこめんとちょうだい』と…」

―かわいいですね~!楽しくて仕方なくて、待ちきれないんですね。

「LINE送るとすぐに『パパ、送ったよ!お返事書いてね』と言いに来ますし、家で通話する時は別の部屋からかけてきますね(笑)わざわざ部屋を移動するので、『あ、かかってくるな』とわかります。公園で遊んでいて少し離れた場所にいる時は普通に通話で呼ばれるようになり、便利になりましたが、『はいはい』と適当に返していたら怒られます」

 …と、なんとも微笑ましいラブラブぶり。そんな娘さんは弟とプリキュアごっこやお店屋さんごっこが好きで「実は内弁慶で、外では人見知りするタイプ」とも。「最近はちょっと大人びてきて物事を自分なりに解釈して発言することもあってビックリさせられる」といいます。(ええ、もうこの文面、完全に女子ですもん!)

 実は、りょーたさんは「父親の育児参加を当たり前にしたい」との思いでツイッターを始め、同じ思いを持つ父親たちとつながり、全国で「#ゆるゆるお父さん遠足」という取り組みを続けています。IT企業勤務のため、このコロナ禍の間もリモートワークをしながら自宅で娘さんの勉強を見ていたそうですが「休校になった2カ月をどう取り戻すのか不安も大きいですね。進み始めていた『オンライン化への取り組み』が学校再開で停滞してしまったようにも感じます。これから第2波、3波がきてまた休校になってしまう可能性もありますし、せっかくやり始めた取り組みをしっかりやり遂げてほしい」と訴えます。

 オンライン化にプログラミング教育に…と教育も変化しています。「スマホやタブレットには依存性もあるので注意は必要ですが、これからの世の中で必要なスキルの一つ。子どもたちにも一定の制限のもと、使いこなせるようにしてあげたいなという思いがありますね」とりょーたさん。本当に…ネイティブ世代の能力は、アナログ世代の大人には計り知れないですものね。

(まいどなニュース・広畑 千春)
続きを読む

フィギュアスケーターだった中野友加里さん(34)は、3度の世界選手権代表になるなど世界を舞台に活躍しました。引退後、フジテレビに就職したことでも話題に。プライベートでは2015年に結婚し、現在は2児の母となり、2019年3月にはある決断をしました。新たな目標に向かう中野さんにお話を伺いました。

続きを読む

 チーズを食べたら、あまりにもおいしすぎて「うめー!」とひっくり返った、というハムスターの写真が話題です。チーズを落とすことなくしっかり持って、両足を伸ばして…もう、こけかたが完璧ですね!(笑) 「可愛すぎる笑笑笑笑」「すてーーん」「ゴロンしてSmile」「めっちゃオモロ可愛い」「全身で喜びを表現(#^.^#)」とリプが集まり、1.8万リツイートと7万いいねがつきました。



 「チーズうめー!」と写真をツイートしたのは、平(@junso6985)さん。ハムちゃんたちが見せる一瞬の表情やしぐさをとらえた写真をたくさん投稿されていて、写真を見ていると「もしかして、ハムスターってリアクション王なの?」という気持ちに。平さんはハムちゃんをずっと飼ってきたそうで、以前いたコも含めていろいろなコがモデルに。その中から、おもしろくてかわいいハムちゃんの写真をピックアップ!

■オヤツは、はなしません!編


 こちらは、紙筒の中でオヤツを食べるハムちゃんですが、実は紙筒がコロコロ転がっています。平さんによると、どんなに筒が回っても食べ続けていたそうです。ハムちゃんはオヤツも大好きだけど、筒や狭い所が好き説ありますよね。

■リアクションが最高!編


 「ズコー!」って声が聞こえそうな、完璧なズッコケを披露するハムちゃんも2.3万リツイートと9.9万いいねがついて話題になりました。リプ欄には「ハムスターだけにゴールデン進出間違いなしですね!」「すげぇ!!」「ズコーーーーーッ!吉本新喜劇も真っ青ですね」と笑いを届けています。

■ きっちり演技派編


 こちらを見つめながらお布団を少し上げて「入る?」と言っているような、演技派のハムちゃんに「きゅーん では遠慮なく…」「可愛いい その横入れたら入れて」とみなさんメロメロです。ハムちゃんは寝相が悪いそうですが、そんなことは気にしませんのでぜひ!

■実はおばちゃんだった編


 絶対に、うわさ話に参加していますね(笑)。ワクワクが伝わってきます。かわいいハムちゃんが、おばちゃんに見えてくる不思議…体験しちゃうと、もう虜です。

 ◇ ◇

 現在、平さんはジャンガリアンハムスターのもち太くんと、キンクマハムスターのちゃちゃまるくんと暮らしています。小さなハムスターのリアクションは普通に見ていたら見過ごしそうですが、平さんがカメラでとらえると、いきいきとした表情としぐさでかわいさ倍増! 平さんは、ツイッターのほかインスタグラムにも写真を投稿しています。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 浩子)
続きを読む

新型コロナウイルス感染予防対策として、多くの企業が取り入れているであろう「テレワーク」。



業務がオンラインサービスを利用した会議や、メール・電話を中心としたコミュニケーションへと変わり、自宅に仕事部屋を設けたり、レンタルスペースを利用しているという人もいることだろう。

一方で、「オンライン会議のたびにパソコンを持ち、静かな場所に移動している…」「仕事中でも子どもたちが乱入してくる!」といった声も多く、悩みの種となっているのが「仕事場所の確保」だ。

日本の住宅事情が抱える問題でもあるが、そんな中、自宅の一角を仕事用スペースに早変わりさせてくれる、こんなアイテムが登場した。

強化段ボールケースの製造・販売などを行うフジダン株式会社から発売された、その名も「マイブース」。

強化段ボールでできた机やパーテーションなどのパーツを組み立てるだけで、一人分の個室が完成する、というアイテムだ。わずか30秒ほどで組み立てられるだけでなく、不要になれば資源ごみとして処分もできる。

内部の空間は、ぴったり閉じると140cm×90cm×高さ140cmが確保され、折り畳むと高さ140cm、幅130cm、厚さ6cmとコンパクトにもなる。
 

また、他にもオンライン会議などで重宝しそうな、バーチャル背景がきれいに合成できる「グリーンバック」も。「マイブース」のパーテーションにはマジックテープがついており、これを利用して背後に取り付けることができる仕組みとなっている。

SNSでは「折り畳み式なのが場所とらなくて助かる」「必要な時だけ組み立てればいいから便利そう」という声が寄せられており、中には「秘密基地みたい」「子どもが羨ましがりそう…」という声もあるなど、ちょっとした“特別感”に興味を持つ人が多い。

仕事だけでなく、増えつつあるオンライン授業など「ひとりで集中したい」という場面にぴったりだが、果たしてその使い心地は? フジダン株式会社の渡慶次社長にお話を聞いた。
続きを読む

↑このページのトップヘ